NEWS

朝青龍は、レスリング伊調馨の黒星に何とコメントしたのか

2016年02月01日 15時34分 JST | 更新 2016年02月01日 15時34分 JST
JOHANNES EISELE via Getty Images
To go with Mongolia-Japan-wrestling-sumo,FEATURE by Kelly Olsen This photo taken on February 11, 2015 shows Dagvadorj Dolgorsurengiin better known as former sumo wrestler 'yokozuna' or grand champion, Asashoryu, posing for a picture in his office. The slapping sound of colliding flesh reverberates through a basement in Mongolia's capital, as Tsogt-Erdeniin Mendsaikhan hones fighting skills in pursuit of his dream -- sumo wrestling in Japan. The teenager is inspired by Hakuho, a Mongolian grand champion, or 'yokozuna', who in January broke a more than four decade-old record when he won his 33rd Emperor's Cup, awarded to the champion of the bi-monthly top tournament. AFP PHOTO / JOHANNES EISELE (Photo credit should read JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)

レスリングで連勝を続けていた伊調馨(58キロ級)が1月29日、ロシアで行われたヤリギン国際決勝で22歳のプレブドルジ(モンゴル)にテクニカルフォール負けを喫した。これを受け、モンゴル出身の元横綱・朝青龍(35)がTwitterで喜びを爆発させた。

朝青龍(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)はモンゴル・レスリング協会の会長を務めており、この試合を視察。伊調が敗れたこの1月29日は、くしくも2003年に朝青龍の横綱昇進の伝達式があった日。伊調は2003年から13年間にわたり連勝を続けていた。

朝青龍は2013年に会長に就任、日本に追いつけ追い越せと女子レスリングの強化を本格化している。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

朝青龍名勝負