Huffpost Japan

清原和博容疑者の逮捕、茂木健一郎氏が覚醒剤所持について「犯罪化というアプローチが適切か疑問」

投稿日: 更新:
KIYOHARA KAZUHIRO
(左)清原和博氏(プロ野球・日本ハムキャンプで。2011年02月15日)、(右)茂木健一郎氏(地上波テレビの完全デジタル化最終行動計発表会見 2011年01月24日) | 時事通信社
印刷

元プロ野球選手の清原和博容疑者が2月2日、覚醒剤を所持していたとして、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。これを受けて、脳科学者の茂木健一郎氏は3日、覚醒剤を所持や使用について「犯罪として扱うこととは別のアプローチが必要ではないか」との考えをTwitterに投稿した。「覚醒剤を販売する側と使用する側では、対応が違うべきではないか」と主張している。

以下に、ツイートをまとめた。

なお、茂木さんは清原容疑者のファンだったとして、「また戻ってくることを待っている」とも綴った。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

Close
清原和博 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

茂木健一郎 公式ブログ - 清原和博さんのニュースから考えたこと ...