NEWS

乙武洋匡さん「日本の学校は、サラリーマン養成所」

2016年02月15日 23時15分 JST

「五体不満足」で知られる作家の乙武洋匡さん(39)が2月16日、Twitterに日本の学校制度について「言わば『サラリーマン養成所』」だとコメントし、話題になっている。乙武さんは「あきらかにサラリーマンには向いていないだろう子どもさえ、あたかもそこしかゴールがないかのように追い込まれていく」などとツイート。「サラリーマンを目指していない子にとっては窮屈な場所でしかない」などと語った。

乙武さんのツイートに、Twitterユーザーからは「具体的にどこがどうサラリーマン養成所なのか言って下さい。日本の学校否定したいだけなんじゃないんですか」などの質問も出た。この質問に対し、乙武さんは「日本の教育は、誰かの指示に従ったり、集団行動ができるようになることを重視する側面が強いように思う」などと回答した。

一方で、乙武さんは、「“お仕着せ型”の教育では育むことのできない思考力やリーダーシップは、サラリーマンとなる人にも必要なのでは」という読者の声を紹介した。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

世界中の子供たちが大切にしているもの

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています