NEWS

レディ・ガガ、「出火吐暴威」のマントで登場。デヴィッド・ボウイを弔う【グラミー賞・動画】

2016年02月16日 17時22分 JST | 更新 2016年02月16日 17時57分 JST

人気歌手のレディー・ガガが2月16日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界最高峰の音楽の祭典「第58回グラミー賞授賞式」で、故デヴィッド・ボウイを追悼するパフォーマンスを披露した。ボウイが使用した物と同じく「出火吐暴威」という漢字をあしらったマントを身につけて舞台に登場し、会場を沸かせた。オリジナルと同じく山本寛斎さんがデザインしたものだった。

レディ・ガガ グラミー賞

このマントのオリジナルは1973年に、山本さんが製作。「アラジン・セイン」ツアーで使われた。テレグラフ紙によると、ボウイは1971年、山本さんのショーを見てステージ衣装の制作を依頼。ボウイは歌舞伎に親しんでおり、早変わりに利用できるマントも、ステージでよく身に着けていた。

david bowie aladdin sane

David Bowie (1947 - 2016) performs on stage on his Ziggy Stardust/Aladdin Sane tour in London, 1973. (Photo by Michael Putland/Getty Images)

ライブ、「ジギー・スターダスト」、1973年(© jim forrest / Alamy)

david bowie exhibition

Costumes seen at the VIP reception for the 'David Bowie Is' exhibition at the V&A Museum in London on Wednesday, March 20, 2013. (Photo by Jon Furniss/Invision)

このマントを身に着けたボウイのステージは、下記の動画で確認できる。


▼クリックするとスライドショーが開きます▼

デヴィッド・ボウイ スタイルの変遷


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています