redi-gaga

「この曲はありのままの自分を肯定してくれる応援歌」。ワールドツアーで日本を訪れたレディー・ガガが、LGBTQ+の人たちを全肯定するメッセージを送りました
ワールドツアーのアメリカ公演初日で、レディー・ガガが中絶とLGBTQの権利擁護に声を上げる。「ショービジネスよりも目を向けるべき、ひどい話がある」
テコンドーのヨルダン代表の選手。「なぜレディー・ガガがオリンピックにいるの?」などと話題に。
被災地の復興に思いを寄せ、「新型コロナウイルスによるパンデミックの中、世界中で戦っている人々へも希望を与えていると思います」と語りました。
報道によると、26日午後6時ごろ、女性が市内の警察署に2匹の犬を連れてきたという。
レディー・ガガさんは現在イタリアに滞在中。銃を持っていた容疑者は、共犯者とともに白い車で逃走したという。
紅白歌合戦への初出場が決定。海外での評価も高く、レディ・ガガのサポートアクトを務めたことも。
バイデン氏の支持を明らかにし、キャンペーンなどにも参加してきたレディー・ガガさん。トランプ氏は「レディー・ガガはあまり良くない」などと批判していた。
アーティストや俳優たちが、SNSで投票を終えたことを続々と報告しています
「この国に生まれた時、私たちは皆『白人至上主義』という毒を飲むのです」と話し、「Black lives matter」運動への支持を示しました。