NEWS

オードリー・春日俊彰が「絶対壊れないIKEAの椅子」を破壊

2016年02月24日 17時54分 JST | 更新 2016年02月24日 18時19分 JST
Jun Sato via Getty Images
Masayasu Wakabayashi and Toshiaki Kasuga of the Comedian Audrey attend the 'Tron: Legacy 3D' Press conference at the Ritz Carlton on November 29, 2010 in Tokyo, Japan. The film opens worldwide on December 17. (Photo by Jun Sato/WireImage)

2月24日に日本テレビ系で放送されたバラエティ番組「ヒルナンデス!」で、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰が視聴者プレゼント用の椅子を破壊するハプニングがあった。

この日は、北欧家具販売店「IKEA」の特集を組んでおり、視聴者へのプレゼントとしてIKEA製の「POÄNG(ポエング)」という名のアームチェアを紹介した。

水卜麻美(みうら・あさみ)アナウンサーが「IKEAからプレゼントです。超ロングセラーの絶対壊れない椅子に、筋肉自慢の春日さんが挑みます」と紹介。椅子に腰掛けたオードリーの春日が相方の若林正恭とコントを交えながら、この椅子が日本人がデザインし、30年以上にわたり売れ続けているロングセラー商品であることをアピールした。

若林は「お店で行われている630万回以上のテストに耐えた」と椅子の耐久性に触れ、「これ壊れないということで、春日さん試してみてください」と水を向けた。すると、春日は上体を大きく揺らして頑丈さをアピール。若林も春日の体を動かしてサポートして、飛び跳ねるように激しく揺らしてるうちに「バキッ」と音を立てて椅子が壊れてしまい、オードリーの2人も転げ落ちた。スタジオは笑いと悲鳴で騒然となった。

水トアナは、笑いをこらえながらも「大変申し訳ありません、使い方は正しく守ってください」「正しく使えば壊れませんので、ご安心ください」と、冷静に視聴者に訴えていた。

番組の終了間際、司会の南原清隆に注意を受けた春日は「普通、あんな座り方しないからね。本当にバカヤローですよ、私はね」と反省しきりだった。

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

お笑い芸人 画像集


ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています