「企業にもいい影響がある」イギリスの会社が生理休暇制度を導入した理由

投稿日: 更新:
印刷

イギリスのブリストルにある「コエグジスト社」は、女性従業員向けに生理休暇制度を導入する。背景にあるのは、「従業員の月経周期に気を配るのは会社にとっていいこと」という考え方だ。

新制度の下、会社は生理中の女性従業員の生理休暇取得を認め、幸せで健康な職場環境をつくる。

生理で気分がすぐれない時、従業員は帰宅できる。また、生理についてオープンに話す環境をつくり、体の調子にあわせて仕事をできるようにする。

office
ベックス・バクスター氏と、チームメンバーたち

取締役のベックス・バクスター氏は「私は何年も女性従業員の業務管理をしてきましたが、生理痛のためオフィスで苦しんでいる女性を何人も見てきました。そんな状態でも、彼女たちは家に帰ろうとはしません。生理痛が、体調が悪いことだと考えないからです。これは不公平です」と、地元の新聞ブリストル・ポスト紙に述べている。

女性は生理中は、体調不良になりやすいが、生理が終わった後には生産性が3倍増えるという。バクスター氏はハフポストUK版に対し、女性が多いコエグジスト社では生理を「問題」や「病気」以上のものとして考えたかったと述べた。

「生理は女性にとって自然な現象です。生理中は『冬』の状態で、身体を温めて栄養をとるようにしなければなりませんが、生理が終わった後の『春』、女性の生産性は通常より3倍高くなります。生理休暇制度は、女性が自分のエネルギーとクリエイティビティをどうやって使うかを選択できる、とてもいい方針です。女性にとっても、企業にとってもいい影響があるでしょう。生理が終わって体調がよくなれば、女性は3人分の仕事ができるのです」と、バクスター氏は語った。

コエグジスト社は、生理休暇制度を取り入れるよう企業に呼びかけるイベントを3月15日に開催する。自社の生理休暇制度もこの日からスタートする。

イベントでは、生理のサイクルにあわせて女性の身体的、心理的、精神的な健康を考える「メンストルアリティ」を提唱しているアレクサンドラ・ポープ氏が講演する。

tampons

コエグジスト社は、アーティストスタジオや、オフィス、イベントスペースを提供している。

バクスター氏はブリストル・ポスト紙に対し、「私たちの会社の理念は『信頼、愛、遊び』です。従業員はみな会社に誇りをもっていて、100%以上の力を出して働いています。制度を悪用する人はいないと思います」と述べた。

またこの制度は義務ではなく、望まない女性は休暇を取る必要はないという。

「もし生理が訪れるのが男性だった場合、このポリシーはもっと早くに導入されていただしょう。でも今は、制度が始まったことに感謝し、生理について隠すのではなく、前向きな会話を進めていきたいと思います」とバクスター氏は述べた。

ハフポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。

ladiesbeopen

ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。


女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
理想の上司2016・女性編
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

中国人の春節「爆買い」商品、日用品にシフト

就業率85%!フランス女性「働き方」の秘密 | WORK AGAIN | 東洋経済 ...

東京糸井重里事務所CFO・篠田真貴子×サイボウズ社長・青野慶久

働くママに「ボス」の応援を 「女性活躍法」施行前に講座

なぜ「女性が働きやすい会社」は伸び悩むのか