seisansei

日本における安楽死のあり方と「安らかな死」とは、どういうものなのか。緩和ケア医の西智弘さんにインタビューした。
生きていること自体が一つの価値であると私は思っています。
「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」
IT企業幹部「多くの日本の企業は、いまだにプロセス偏重の文化から抜け切れていません。」
PRESENTED BY atlassian
「生産性って言葉が、実は大嫌い」とユニリーバの島田由香さんは語った
長時間労働による過労死事件などを契機に、「働き方改革」の実現に向けた議論が盛んだ。
ほかのコミュニケーション方法が不十分であると思われる時だけ、会議を開く。
日本中のさまざまな業界で、そこまでのニーズがあるのかどうかわからない、奇妙なサービス競争が行われています。