NEWS

米MLB、LGBT商工会議所との提携を発表

2016年03月13日 16時50分 JST | 更新 2016年03月13日 16時57分 JST
ROBERT HUSKEY VIA GETTY IMAGES

MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)は、全米ゲイ&レズビアン商工会議所(NGLCC)との提携を発表する。LGBTの人がオーナーである企業にも、リーグ公式サプライヤーとなる道を開くという。NGLCC広報担当のジョナサン・ロビッツ氏はハフポストUS版に、取り決めは「歴史的な」ものだと話した。

NGLCCのメンバーになるには、企業の少なくとも51%をLGBTの人々が所有、経営、運営していなければならない。「私たちのネットワークの認定企業は、すでにメジャーリーグ登録サイトに殺到しています」とロビッツ氏は語った。

私たちのネットワークの認定企業は、すでにメジャーリーグ登録サイトに殺到しています ― NGLCC広報 ジョナサン・ロビッツ

NGLCCは、全米テニス協会やNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)とも、同様の合意に達している。

「私たちは、MLBや全米テニス協会などと提携することに、それほど重要性があるとは考えていません。なぜなら、実際役に立つのは、LGBT企業コミュニティとは何者なのかについて、話すことだからです」と、NGLCC会長ジャスティン・ネルソン氏はフォーチュン誌のインタビューで話した。

「花屋やインテリアデザイナーのように―それらは素晴らしいビジネスですが―みなささんがイメージする企業種だけに、 LGBTの人が働いているわけではありません。設備管理や建築業だってそうなのです」

MLBは現在、全米マイノリティ・サプライヤー・ディベロップメント・カウンシルやレディース・ビジネス・エンタープライズ全国協議会、アメリカ連邦中小企業庁とも連携している

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png