tayosei

もっとこうした表現を増やしてほしいという声が多く寄せられた。
イギリスに住む女の子は「眼鏡をかけたプリンセス」を求め、ディズニーのCEOに手紙を送った。それから2年、『ミラベルと魔法だらけの家』の主人公は眼鏡をかけている。
「U30のための公開討論ライブ」、4夜連続「ハフライブ」、U30世代の声を集めたアンケートーー。能條桃子・U30社外編集委員と取り組む新企画です。
「早く行きたければ1人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」ということわざを引用し、「仲間とならばもっと遠く、はるかに遠くまで行くことができます」「私は、日本人の底力を信じています」と語った。
「アートは不要不急なのか?」という問いが、コロナ禍において浮上してきたが、TURNに関わるアーティストたちは、この約2年、何を考え、感じ、見つけたのだろうか?そして、人との出会いや交流が制限されたり、衝突が生じたりしがちな今、TURNが大切にしてきた「多様性」はどう育むことができるのだろうか? TURNの監修を務めてきた日比野克彦さんと、今回はじめてTURNフェスに参加したアーティストの山本千愛さんに話を聞いた。
PRESENTED BY 特定非営利活動法人Art's Embrace
「大事にしたかったのはアルコールの総量を下げながらも、アルコールを飲む時の本来の楽しさは残すということ」微アルコールを発売するアサヒビールが提案する新しい飲み方のスタイルとは?
PRESENTED BY アサヒビール株式会社
「自分に誇りを持て」と言ってくれた亡き両親の姿を胸に、ミュージカル『ジェイミー』で母親役を熱演する安蘭さんに聞きました。
「自分らしさ」を叶えることは、自分のためだけじゃない。じゃあ、誰のため?ある世界的企業の取り組みから、その答えを探りました。
PRESENTED BY Accenture
「二人の考えは違うけれど、どちらも正しい。それを理解した上で、二人はどうしたら仲良くなれるか?」A面とB面で別のももたろうが登場する絵本「ふたりのももたろう」が伝えたいことは?作者の木戸優起さんに話を聞いた。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
ボディポジティブに関するメッセージを発信することでも支持を得てきたリゾ(Lizzo)。声をあげるのは「未来の体の大きな黒人の女性たちのため」だと明かした。
パートナーとの子どもを望まず、一人で妊娠出産する女性のことをデンマークでは「ソロママ」と呼ぶ。一人で子どもを産み育て、恋人は欲しくなった時に出会えばいい。そんな選択をするデンマークの女性たちの話です。
演劇・ダンス・映画・現代アートなど、さまざまな作品動画をバリアフリーと多言語で鑑賞できるオンライン型の劇場「THEATRE for ALL(シアターフォーオール)」。統括ディレクターの金森香さんと、ナビゲーターを務めるろう者のお笑いコンビ「デフW」、デフWプロデューサーの今井ミカさんが、ろう者と聴者の文化の違いと、それを超える文化芸術の可能性について考えます。
PRESENTED BY THEATRE for ALL
開会式の「最終聖火ランナー(最終点火者)」として、大役を務めました。
各政党に対し、候補者数の目標設定を義務付けることも検討されていたが、今回の改正には盛り込めず。女性議員を増やすという点では、実効力に課題も残ります。
6月22日(火)19時〜、オンラインイベント「Dream Studio#2」を開催。山里亮太さんや和田彩花さんらも出演し、みなさんと一緒に“インクルーシブ”な社会の実現に向けて話し合います。
PRESENTED BY BRIDGESTONE
経営者として大切にしている「多様性」、スタートアップ業界への熱い思いーー。経団連の新副会長に就任する、DeNAの南場智子会長の本音に迫りました。
2人の娘を育てているレズビアンカップルが、子どもたちの認知を求めて国を提訴しました。どんな裁判なのか、解説します。