NEWS

クジラの死骸の上でガッツポーズ、批判殺到で受賞を辞退 審査員の声は

2016年03月16日 16時20分 JST | 更新 2016年03月16日 16時29分 JST
北海道立オホーツク流氷科学センター_結果発表

北海道立オホーツク流氷科学センターは3月15日、批判が相次いでいた写真コンテストの最優秀賞作品について、出品者が受賞辞退を希望したため「該当作品なし」にしたと発表した

問題となっているのは、9日に発表された第25回「オホーツクの四季」写真コンテストで最優秀賞を受けた作品「征服」で北見市の男性が撮影した。

同センターによると、「生命に対する侮辱だ」などと批判や、審査員の判断を疑問視する声などが電話で寄せられたという。Twitter上でも「命を何だと思っているのか」など批判が相次ぎ、出品者が受賞を辞退した。

朝日新聞デジタルは次のように報じた。

審査した北海道写真協会の女性会員は「クジラは生きていると思った。その上に乗っかるなんて勇気があると思ったし、感動したので選んだ」と話した。

同センターによると、一部職員から異論が出たが、「専門家が選んだので、この作品にしかない何かがあるのだろうと考えた」(担当者)という。

クジラ死骸上でポーズ、出品者が受賞辞退 主催者は陳謝:朝日新聞デジタルより 2016/03/16 11:28)

【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

すごい動物写真の数々

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています