NEWS

「福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」 作家の藤岡真氏がTOKIOラーメンに暴言、炎上し謝罪

2016年03月23日 17時44分 JST | 更新 2016年03月23日 17時44分 JST
ntv.co.jp/dash

日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」の3月20日の放送で、アイドルグループ「TOKIO」が作ったラーメンについて、ミステリー作家の藤岡真氏(65)がTwitterに「福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」などと書き込んだ。これに対して批判が殺到、藤岡氏が23日に謝罪する騒動になった。藤岡氏は23日、Twitterのアカウントを削除したとみられる。

TOKIOが作ったラーメンは「世界一うまいラーメンつくれるか!?」という番組企画の一環で、福島産の最高級小麦「春よ恋」が使われていた。これについて藤岡氏は20日、「人殺し」のほか「未だに『食べて応援』している馬鹿がいて頭が痛くなる」と投稿した。

これに対し、Twitterのユーザーからは「自分の発言が、福島県に在住している全ての人に対する侮辱で、農家や検査に携わった人達への中傷だ」「こういう人がいるから風評被害ってなくならないんだろうね」などと批判の声が殺到。藤岡氏は21日、ブログで放射性物質の危険性など真意を説明したが、Twitterの投稿について「明らかに言いすぎであったと反省いたします」と謝罪した。

さらに、藤岡氏は23日にはTwitterで謝罪し、またTwitterを休止すると書き込んだ。

藤岡氏は、「笑歩(しょうほ)」「死龍」などの著作がある

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

福島 浜通り 2015年秋