ライフスタイル

ピーナッツバターをペロリ 犬の写真集に込められた思いとは?

2016年04月03日 15時43分 JST | 更新 2016年04月03日 15時50分 JST

GREG MURRAY

ペット写真家、グレッグ・マーレイさんの愛犬だったメスのマスティフ、ベイリー。ベイリーはマーレイさんの作品の数々にインスピレーションを与えた。

ベイリー、天国にはきっと君が大好きなピーナッツバターが待っている。

ベイリーは数年前に天国へと旅立ったが、彼女は今でも飼い主のインスピレーションの源だ。

オハイオ州クリーブランド在住のペット写真家、グレッグ・マーレイさんは、ピーナッツバターを美味しそうに食べる犬ばかりを集めた写真集を製作中だ。ピーナッツバターは、愛犬・ベイリーの大好物だった。

「ベイリーはよく、よだれを垂らして、ベロを見せて、(ピーナッツバターを)食べていました」。マーレイさんはハフポストUS版の取材でそう振り返った。

マーレイさんは2016年の冬、仕事に余裕が出てきたので、友人やクライアントに彼らの愛犬にいくつかのポーズを取ってもらうように頼んだという。「それは大量になり、みんながそれを気に入ってくれたので、本を作ろうと決めました」

そうして彼は「For The Love Of Peanut Butter(ピーナッツバターへの愛のために)」と題した作品の資金集めにクラウドファンディングを立ち上げた。クラウドファンディングは、既に目標金額を超える出資が集まっている

注意: もし、あなたの犬にピーナッツバターを与える場合は、与えすぎず、塩や砂糖、その他の甘味料が添加されているものは避けてください。また、犬がナッツアレルギーを持っていないことを事前に確認してください。

  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY
  • GREG MURRAY

H/T Uproxx

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。