Huffpost Japan

桂歌丸、『笑点』放送終了直後に号泣 記者会見で話したことは...

投稿日: 更新:
UTAMARU
演芸番組「笑点」の公開収録後、記者会見でポーズを取る(前列左から)林家木久扇さん、桂歌丸さん、三遊亭好楽さん。(後列左から)林家たい平さん、三遊亭円楽さん、三遊亭小遊三さん、春風亭昇太さん、座布団係の山田隆夫さんら大喜利メンバー=2016年04月30日、東京都文京区の後楽園ホール | 時事通信社
印刷

oricon style

桂歌丸、『笑点』放送終了直後に号泣「正直言ってさみしい」

落語家の桂歌丸(79)が22日、日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』生放送後の記者会見に出席。番組中はつとめて明るく振る舞い「涙は似合わないから、笑って…」と呼びかけていた歌丸だったが、放送を終えて観客へとあいさつする際に号泣していたことを明かした。

1966年5月15日の初回放送から丸50年間、同番組に出演してきた歌丸は「この50年、面白いこと、悲しいこと、悔しいこと…いろんなことがありました。(放送が終わった後)そんな思いが、ごっちゃになって出てきて、涙腺が狂っちゃいました。やっぱり、別れっていうものを考えるとツラいものですね」としみじみ。

きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、今後も終身名誉司会者として番組にたずさわっていくことになっているが、「自分で言っておいて、だらしがないんですけど、お客様にごあいさつした時に堰(せき)が切れてしまいました。50年歩んできた『笑点』とお別れすることは正直いってさみしいことですけど、次を譲らなかったら番組が続かないと思いますので…」と笑顔を見せた。

同番組への思いを聞かれると、「噺家にとって、大きな大きな番組。私たちが世にでるきっかけを作ってくれて、顔と名前を売ってくれた。なので、私は恩人だと思っています」と感謝。後任の司会を担当する春風亭昇太(56)に対しては「100%お任せです。明るさと若さで番組を引っ張ってほしい」と温かいエールを送っていた。

会見にはそのほか、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(6代目)(66)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。昇太司会第1弾は29日に生放送され、その場で新メンバーもお披露目となる。

■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月~69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月~70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月~82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月~2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月~2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月~


【関連記事】


▼画像集が開きます▼

Close
「笑点」歴代司会者
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド