Huffpost Japan

さかなクン、「ファインディング・ニモ」続編の監修に抜擢「夢のようでギョざいます!」

投稿日: 更新:
SAKANAKUN
YouTube/さかなクンが、登場する魚をギョギョッと解説!『ファインディング・ドリー』特別映像!より | YouTube/oricon
印刷

oricon style

さかなクン、『ファインディング・ドリー』監修に抜てき「夢のようでギョざいます!」

タレントで東京海洋大学名誉博士のさかなクンが、ディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)の字幕版&吹替版の海洋生物監修を務めることが1日、わかった。ピクサースタジオが外部に監修を依頼するのは異例のことだが、さかなクンの知識の深さに驚き、抜てきされた。きょう2日よりさかなクンのインタビューが収められた特別映像が公開され「ギョ!ギョ!なんと私も参加させていただけると聞いて、もう夢のようでギョざいます!」と大喜びしている。

同作は、『第76回アカデミー賞』で長編アニメーション賞を受賞し、興行収入110億円を記録する大ヒットを記録したディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』(2003)の続編。忘れん坊のナンヨウハギのドリーが、たった一つだけ忘れられなかった家族を探すため、親友のカクレクマノミのニモら仲間たちと冒険に出る姿を描く。

監修を務めたさかなクンは、劇中のセリフから「貝にも目があるのか?」という疑問が発生したときは「貝にも眼点という目に当たるものがある」とアドバイス。そのほか、劇中に登場するマグロが「マカジキ」なのに「カジキマグロ」と表記されていたのを指摘、水温はあまり摂氏とは言わないことから「摂氏22度」という表現から「温度22度」に訂正するなど、豊富な知識を使って正しい表現に直していった。

監修以外にもマンボウ役の声優として作品に関わり、大好きなハコフグと同じフグ科ということから「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~こんな偉大なマンボウちゃんの役をいただけてうれしい!」と興奮気味。特別映像では、インタビューのほか、同作に登場する魚たちの特徴を紹介している。

【関連記事】