Huffpost Japan

舛添要一知事「これ以上都政の停滞、耐えがたい」 都議会が辞職を了承(発言詳報)

投稿日: 更新:
MASUZOE
東京都議会本会議のため議場入りし、厳しい表情を見せる舛添要一知事=15日午後、東京都新宿区  撮影日:2016年06月15日 | 時事通信社
印刷

東京都議会は6月15日の本会議で、この日午前に舛添要一知事から出されていた辞職提案を全会一致で了承した。辞職は21日付。

舛添氏は本会議の最後に発言を求め、辞職の理由について説明した。「平成26年2月に就任以来、東京を世界一の都市とするため、私なりに全力を尽くして参りました。誰もが人生の豊かさを実感できる都市にしたい。少子高齢化の流れの中で、保育施設の充実や、地域包括ケアシステムの構築に取り組み、一定の成果もあったのではないかと思っております。自然災害の脅威に対しては、特に『東京防災』が好評いただき、ありがたいことです。そして2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功のため、全身全霊取り組んできたつもりです」と述べた後、以下のように語った。

「今回、私自身の問題により、都民の皆様からいただきました4年間の任期の途中でこのような形となり、反省と心残りの念は尽きませんが、すべて自らの不徳のいたすところです。私が最も懸念したのは、オリンピック・パラリンピックへの影響です。リオデジャネイロ大会が控える中での選挙は次期開催都市としてふさわしくない。4年後の東京大会も同様であります。この事態を避けたいと思いました。しかし、これ以上、都政の停滞を長引かせることは私にとっても耐えがたい。従いまして、私が身を引くことが一番だと考えるに至り、都知事の職を辞する決意をいたしました。短い期間ではございましたが、私の至らぬ都政運営を支えていただき、感謝しております。これからは一都民、一国民として、東京大会の成功、東京都のますますの発展を心から祈っております」

Also on HuffPost:

Close
次の東京都知事選に名前が挙がった人たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡