Huffpost Japan

桜井俊事務次官、都知事選への出馬否定「器ではないと思っています」 嵐・櫻井翔さんの父

投稿日: 更新:
SHUN SAKURAI
マイナンバー制度実施本部の初会合に出席する総務省の桜井俊事務次官=4日、東京都(撮影日:2015年11月04日) | 時事通信社
印刷

舛添要一都知事が辞職願を提出したことで、次の都知事候補が誰になるか、関心が高まっている。その中で名前が挙がっている総務省の桜井俊事務次官は6月15日、記者団の取材に対し「出るつもりはない」と都知事選への出馬を否定した。時事ドットコムなどが報じた。

桜井氏は人気アイドルグループ「嵐」のメンバー櫻井翔さんの父。朝日新聞デジタルによると、自民党内の一部などから「実務家で櫻井翔さんの父という話題性もある」と、「ポスト舛添」として期待する声がでているという。

都知事候補にとして名前が取りざたされていることについて、桜井氏は「どこからもそういう具体的なお話があるわけではありません。仮にあったとしても、光栄ではありますが出るつもりはありません」とのべ、出馬を否定した

また、出馬しない理由を問われると「自分のことは、自分が一番よくわかっておりまして。わたしは、情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とても、そのような役を果たせるだけの器ではないというふうに思っております」と語った

桜井氏は2015年7月に総務事務次官に就任したが、6月17日付けで退任辞職する

▼画像集が開きます▼

Close
次の東京都知事選に名前が挙がった人たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡