Huffpost Japan

EU離脱をめぐる討論会、新旧ロンドン市長が激論 2人の主張は......?

投稿日: 更新:
EU DEBATE
LONDON, ENGLAND - JUNE 21: In this handout image provided by the BBC, Boris Johnson, Gisela Stuart, Energy Minister Andrea Leadsom, David Dimbleby, Scottish Conservative leader Ruth Davidson, Mayor of London Sadiq Khan and TUC General Secretary Frances O'Grady take part in the EU debate at Wembley Arena on June 21, 2016 in London, England. Tonight the BBC is hosting a live, two-hour televised EU debate in front of an audience of 6,000 at Wembley Arena, which sees the Leave campaign represented | Handout via Getty Images
印刷

EU離脱(ブレグジット)の賛否を問う国民投票を6月23日に控え、21日夜、ウェンブリー・アリーナで6000人の聴衆が見守る中、離脱派と残留派によるBBC主催のテレビ討論会が行われた。

離脱派の中心人物ボリス・ジョンソン前ロンドン市長は、残留派が企業経営者などにEUを離脱した際のリスクを必要以上に訴えてプレッシャーをかけている「恐怖作戦」を展開していると批判し、残留派のサディク・カーン現ロンドン市長は、ジョンソン前市長が移民問題で反移民感情を煽る「憎悪作戦」を先導していると反論し、激しい舌戦となった。

boris johnson sadiq khan
サディク・カーン現ロンドン市長(右)とデイビッドソン党首。手前はジョンソン前ロンドン市長

カーン市長は、イラクやシリアといった国々を目立たせた離脱派のポスターを掲げて、ジョンソン前市長に対してキャンペーンを「恥ずかしく思うべき」と発言した。

討論会には残留派としてカーン市長やスコットランド保守党のルース・デイビッドソン党首、労働組合会議のフランシス・オグレイディ書記長、一方離脱派にはジョンソン前市長、保守党エネルギー相のアンドレア・リードソン氏、労働党のジゼラ・スチュアート氏が参加し、論戦を挑んだ。

カーン市長は、ジョンソン前市長が「カーン氏は移民賛成派だ」と主張したことに対し、即座に反論した。

「ボリス、あなたは移民に関して陳腐な決まり文句を言い始めるかもしれないが、あなたがこれまで行ってきたキャンペーンは、移民に関して言えば、恐怖作戦ではなく、憎悪作戦だ」

手にパンフレットを掲げ、カーン市長はさらにまくし立てた。

「あなたは嘘を言っている。そして人々を恐怖に陥れている。なぜなら、あなたは納税者のお金を使って、『トルコも参加する』と記載した選挙パンフレットを貼り出した。そして、地図がある。地図がある」

「この地図はトルコを赤色で示しているが、地図上で名前が言及されている国はシリアとイラクだけなのです」

「ボリス、これは人々の恐怖をかきたてています。恥ずかしく思うべきです」

討論会では、残留派のスコットランド保守党党首として第二政党の地位に導いたルース・デイビットソン氏の発言が目立った。

ruth davidson
スコットランド保守党のルース・デイビットソン党首

デイビットソン氏はジョンソン氏を激しく非難した。彼女は過去にジョンソン前市長を「大言壮語でやかましく、猫のような作り笑いをして、いつも脱線したホラ話をする」と批判したことがある。

また、デイビッドソン氏は、失業が「あるかもしれないし、ないかもしれない」とジョンソン氏が発言したことを非難した。

「それでは十分ではありません」とデイビッドソン氏はジョンソン氏に伝えた。「それじゃあ十分ではないのです」

しかし、ジョンソン前市長は、デイビッドソン氏が人々を恐怖に陥れていると批判した。ジョンソン前市長は「それほど時間はかからなかったですね。最初は、前向きな愛国的な主張を行えると言っていましたが、『恐怖作戦』に戻ってしまっています」と言った。

しかし、デイビッドソン氏は反撃した。彼女はジョンソン前市長に、「イギリス人の雇用を守りたいと思うのは前向きなのです」と述べた。

離脱派側では、ジョンソン前市長がイギリスに対するEU法の優位性に関してカーン市長に疑問をぶつけ、カーン氏を沈黙させた。

boris johnson
反論するボリス・ジョンソン前市長

「ひとつ統計の話をしましょう。EU単一市場の話が延々とされていますが、EU域外の27か国がイギリスよりも多く、単一市場に輸出しています。21か国でサービス輸出がイギリスを上回っています。私たちにとって最善なのは、沼地を抜け出ることです。サディーク・カーンは完全に間違っていると思います。欧州司法裁判所が私たちの国で最高の司法権を持っています。彼は弁護士ですから、このことを知っているはずです。否定してみてください!」

ハフポストUK版より翻訳・加筆しました。

【関連記事】

EU離脱か残留か、イギリスはどうなる? 日本への影響は


ジョー・コックス氏が銃撃され死亡、イギリスに衝撃 EU残留派の女性下院議員


EU残留を主張したジョー・コックス議員殺害、夫が亡き妻を讃える「よりよい世界を信じ闘っていた」


ハフィントンポストの人気記事

Close
拡大するEU
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡