kokumintohyo

スイスとフランスで最近起きた出来事が、多方面で画期的とも言える強い政治的メッセージをもたらした。
「絶対にわざとではありません」
投票は「不公平な条件の下で行われ、欧州評議会の基準を満たしていない」。
エルドアン大統領は圧倒的な権限を手にし、今後10年以上大統領職にとどまる可能性がある。
リスボン条約第50条が発動されれば、トゥスクEU大統領はメイ首相に対する一次的な回答を48時間以内に提出することになる。
トルコがオランダ大使の入国を認めない報復措置を取り、対立が激化しています。
多くの観測筋は、危機が起こると予測している。
離脱派を支持したにもかかわらず、ジョンソンは次期首相になるために離脱派の負けを望んでいた。
現状を直視し、第2次草案を実際に棚上げできなければ、公明党や野党の一部も巻き込んで改正案を発議し、国民投票で可決させることはできないだろう。