Huffpost Japan

「国歌歌えない選手、日本代表じゃない」森喜朗氏が壮行会で苦言、実は...

投稿日: 更新:
印刷

「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」。7月3日に開かれたリオデジャネイロ・オリンピックの代表選手団の壮行会で、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、苦言を呈す一幕があった。日刊スポーツなどが報じた。

mori yoshiro
壮行会であいさつする森喜朗・東京五輪パラリンピック組織委会長(ATSUSHI TOMURA VIA GETTY IMAGES)

壮行会は東京・代々木の体育館で開かれ、選手ら約300人が登壇した。産経ニュースによると、国歌斉唱・国旗掲揚の後、あいさつに立った森会長は、壇上に上がった選手の服装を指して「赤いブレザーと白いズボン、これは何を意味しますか。まさに日の丸です」と強調。「先ほど国歌の斉唱があった。どうしてみんなそろって国歌を歌わないんだ」と指摘。

女子サッカーのなでしこジャパンやラグビー日本代表がW杯で涙を流しながら、君が代を歌うシーンに感動したことを話すと、「なぜ国歌を歌わないのか。選手は口もぐもぐするのではなく、口を大きくあけて国歌を歌ってください。国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない。そう思う」と注文をつけたという。


■実は「国歌独唱」だった

このように森会長は憤ったが、君が代を歌わない人が出たのは、プログラム進行上の理由もあったと朝日新聞デジタルなどが報じている。会場内ではみんなで声を合わせて歌う「国歌斉唱」ではなく、「国歌独唱」とアナウンスされており、陸上自衛隊中央音楽隊・松永美智子陸士長が「独唱」した。

ステージ上のモニターにも「国歌独唱」と表示されていたため、代表選手は歌うべきか聞くべき迷ったのが実態だったようだ。


関連記事

森喜朗氏、大会予算は「最初から無理があった」【東京オリンピック】

【新国立競技場】森喜朗氏ぼやく「センチュリーに乗せてもらったらパンクして降ろされた」(発言詳報)

画像集が開きます

Close
2020年東京オリンピック招致
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡