kimigayo

「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」。7月3日に開かれたリオデジャネイロ・オリンピックの代表選手団の壮行会で、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、苦言を呈す一幕があった。
体操の内村航平が世界選手権で5連覇を達成した。しかし、表彰式でハプニングが起こった。国旗掲揚の際に、国歌が途中で終了してしまったのだ。
9月25日、アジア大会に出場している中国代表の競泳選手、孫楊が「日本の国歌は耳障りだ」と発言したと香港紙が報じた。それに対し、日本の入江陵介と萩野公介は……
自治体の職員に国歌斉唱を義務付けるのは正当か、不当か。大阪で争われています。