NEWS

ハワイアン航空機、羽田空港で立ち往生  9時間以上も滑走路閉鎖

2016年07月18日 00時21分 JST | 更新 2016年07月18日 17時11分 JST

7月18日未明、羽田空港にハワイアン航空の旅客機が緊急着陸した。タイヤがパンクするなどして滑走路上で動けなくなったため、9時間以上も滑走路が閉鎖されていたが、午前10時45分ごろ運用を再開した。羽田空港を発着する14便が欠航となるなど、航空各社の運航に影響が出ている。NHKニュースなどが報じた。

朝日新聞デジタルによると18日午前1時半ごろ、太平洋上を飛行中の羽田発ホノルル行きハワイアン航空458便(エアバスA330型機)が油圧の異常を感知。羽田空港に引き返して緊急着陸した。乗客乗員293人にけがはなかった。

同ニュースでは、国土交通省からの情報として、機体は着陸時に10本中主翼下の8本のタイヤがパンクしたほか、油漏れもあって滑走路上で動けなくなり、羽田空港に4本ある滑走路のうち1本が閉鎖されたと報じた。ハワイアン航空では、燃料が大量に残った状態で着陸したため、機体の重さでタイヤがパンクした可能性もあるとみているという。

関連記事

世界のユニークな空港