Huffpost Japan

「障害者いなくなればいい」で不安に思った皆さんへ。相模原事件を受けて緊急声明【全文】

投稿日: 更新:
印刷

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った男が侵入して、入所者19人が刺殺された事件を受けて、知的障害者と家族で作る「全国手をつなぐ育成会連合会」は公式サイトで7月27日、障害者に向けて緊急声明を出した

tsukui
殺傷事件が起きた津久井やまゆり園の現場付近

この声明は、殺人未遂容疑などで逮捕された植松聖容疑者が「障害者なんていなくなればいい」という趣旨の供述をしたという報道を受けて、書かれた。

こうした容疑者の言動を知って不安になった障害者に向けて「私たち家族は全力でみなさんのことを守ります。ですから、安心して、堂々と生きてください」と訴えている。

声明全文は以下の通り。

-------

津久井やまゆり園の事件について(障害のあるみなさんへ)

7月26日に、神奈川県にある「津久井やまゆり園」という施設で、障害のある人たち19人が殺される事件が起きました。容疑者として逮捕されたのは、施設で働いていた男性でした。亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、そのご家族にはお悔やみ申し上げます。また、けがをされた方々が一日でも早く回復されることを願っています。

容疑者は、自分で助けを呼べない人たちを次々におそい、傷つけ、命をうばいました。とても残酷で、決して許せません。亡くなった人たちのことを思うと、とても悲しく、悔しい思いです。

容疑者は「障害者はいなくなればいい」と話していたそうです。みなさんの中には、そのことで不安に感じる人もたくさんいると思います。そんなときは、身近な人に不安な気持ちを話しましょう。みなさんの家族や友達、仕事の仲間、支援者は、きっと話を聞いてくれます。そして、いつもと同じように毎日を過ごしましょう。不安だからといって、生活のしかたを変える必要はありません。

障害のある人もない人も、私たちは一人ひとりが大切な存在です。障害があるからといって誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、私たち家族は全力でみなさんのことを守ります。ですから、安心して、堂々と生きてください。

平成28年7月27日
全国手をつなぐ育成会連合会
会長 久保厚子

【関連記事】


プーチン大統領が弔電送る「障害者を狙った残忍さに動揺している」【相模原殺傷事件】

「最愛の人を失った遺族に深い哀悼」アメリカ政府当局の報道官が異例の声明【相模原殺傷事件】

相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」、入所者刺され19人死亡 26歳男逮捕

画像集が開きます

Close
相模原・津久井やまゆり園事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡