Huffpost Japan

「バリスタにも個性を」スターバックス、従業員のドレスコードを緩めます

投稿日: 更新:
印刷

今後スターバックスに行ったら、帽子をかぶったバリスタや、蝶ネクタイをしたバリスタが、ラテを手渡してくれるかもしれない。

アメリカのスターバックスは7月25日、従業員のドレスコードをもっと自由にすると発表した

これまでバリスタは、黒か白のシャツのみを着用するよう求められていた。新しいドレスコードの下では、グレーやネイビー、デニムや茶色など、濃い色であれば、好きな色のシャツを着ることができるようになる。スカートやワンピース、それにタイツも許可される。緑のエプロンは、これまで通り着用する。

髪も自由になる。ヘアダイやヘアマニキュアなど、食品安全基準に反しない限り染めてもよく、仕事に支障をきたさない帽子の着用も許される。

プレスリリースでは、新しいドレスコードを受けて、今後予想されるバリスタの画像が紹介されている。ドレスコードの改訂は、「バリスタが個性を発揮できるようにするため」とスターバックスは述べている。


黒いエプロンは、スターバックスの「コーヒーマスタープログラム」に合格したスタッフに与えられる


ワンピースとタイツを着てもよくなる

スターバックスは、2014年のドレスコード改訂でタトゥーに門戸を開いた。従業員は感じがよくて、顔と首以外なら、タトゥーが見えてもよくなった。

従業員の服装がより自由になる今回のドレスコード改訂は、アメリカのスターバックス全店舗ですぐに適用される。

なお、日本ではこのドレスコード改訂は適用されるのだろうか?ハフポスト日本版がスターバックス コーヒー ジャパン 株式会社に問い合わせたところ、広報部を通じて以下の回答を得た。

日本のスターバックスでは、従業員は白か黒のシャツに、ベージュもしくは黒のパンツかスカート(膝上10センチ以上のミニスカートはのぞく)の着用を求められている。しかし、このドレスコードが適用されない「ネイバーフッド」と呼ばれる店舗もあり、そこでは「接客の際に不快感を与えない服装」であれば、比較的自由な格好ができる。帽子の着用なども認められているそうだ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
お酒が飲める!スターバックスのメニュー 画像集(Starbucks Evenings Menu)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド