Huffpost Japan

ヒラリー・クリントン氏「大統領になってもTPPには反対する」【アメリカ大統領選】

投稿日: 更新:
印刷

hillary michigan

アメリカ大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン候補は8月11日、ミシガン州で演説し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、「選挙後も大統領になっても反対する」と述べた。TPPへの反対姿勢を明確に示すことで、バーニー・サンダース上院議員の支持層や、他の民主党員の支持層を取り込みたい考えだ。CNBCなどが報じた。

クリントン氏はこれまでもTPPへ反対する姿勢を見せてきたが、オバマ政権の国務長官としてはTPPを支持していた。共和党のドナルド・トランプ候補はTPPについて、自分が大統領に就任すれば「アメリカをTPPから離脱させる」と、明確に意思表示。8日のデトロイト市での演説では、「クリントンへ投票することは、TPPのために投票することだ」などと述べていた

ミシガン州はアメリカ大統領選で共和党と接戦となっている州の一つだが、ヒラリー氏は3月の民主党候補者選びの際、この州でサンダース氏に敗れていた