NEWS

登坂絵莉が金メダル 残り13秒で逆転「信じてくれた家族に感謝」 レスリング女子48キロ級【リオオリンピック】

2016年08月17日 17時24分 JST | 更新 2016年08月17日 20時46分 JST

リオデジャネイロ・オリンピックが13日目を迎えた8月17日、レスリング女子が始まり、48キロ級の登坂絵莉(とうさか・えり)が五輪初出場で優勝し、金メダルを獲得した。

eri tosaka

優勝を喜ぶ登坂絵莉

登坂は決勝でマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)と対戦。試合終了まで残り13秒でスタドニクの片足を取って逆転し、金メダルを獲得した。試合終了後、登坂は次のように話した。

「よかったです。やっぱりいろんな人の顔が浮かんで感謝です。一番は応援に来てくれて、ずっと弱いときから信じてくれた家族ですね。もうここしかないと思って、これで取れなかったら後悔すると思って最後を取りました」

eri tosaka

準決勝で勝利してガッツポーズをする登坂絵莉

登坂の他に58キロ級の伊調馨(いちょう・かおり)、69キロ級の土性沙羅(どしょう・さら)の日本選手2人が決勝に進出が決定。銀メダル以上が確定している。伊調はワレリア・コブロア(ロシア)、土性はナタリア・ボロベア(同)と対戦する。


■試合の模様をスライドショーで

登坂絵莉が逆転優勝

(※画像集が開かない方はこちらへ)


土性沙羅が金メダル  伊調、登坂にならって「最後の最後まで諦めず」【リオオリンピック】



伊調馨、亡き母に捧げる4つ目の金メダル 「最後はお母さんが助けてくれた」【リオオリンピック】




忘れ去られたオリンピックの競技場、今こうなっている(画像集)