Huffpost Japan

クリントン氏が健康情報を公開「健康は通常の状態、精神状態はすばらしい」

投稿日: 更新:
印刷

photo

アメリカ大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営は9月14日、健康問題が浮上していたクリントン氏の健康状態を公表した。これにはクリントン氏が先日起こした肺炎の詳しい内容も含まれている。

クリントン陣営幹部は、クリントン氏が9日に非造影胸部CTスキャンを受け、非感染性の軽い細菌性肺炎にかかっていたことが明らかになったと話した。クリントン氏は抗生物質レボフロキサシンの治療を受け、10日間薬を飲むよう医師に勧められた。

当初、彼女の選挙事務所は暑さによるもの「熱中症」になったと説明していた。倒れた数時間後、クリントン陣営はバーダック医師による声明を発表し、肺炎との診断を明らかにした。クリントン氏はニューヨーク州チャパカにある彼女の自宅で体調を整え、その間夫で元大統領のビル・クリントンが選挙活動の穴を埋めた。クリントンの事務所によると、彼女は15日に選挙活動に戻る予定だと言う。

「抗生物質と休養により、順調に回復している。彼女は引き続き健康を維持しており、アメリカ合衆国大統領を務める適性がある」と、クリントン氏の主治医リサ・バーダック医師は語った。

バーダック医師は、クリントン氏の最新の健康状態を「通常」だと見なし、彼女の「精神状態はすばらしい」と話した。

「私の全体的な印象では、クリントン氏は引き続き健康であり、鼻炎や耳炎、先日診断された肺炎以外で今年新たに発症した病気はない」と、バーダック医師は所見で述べている。

クリントン陣営はまた、副大統領候補のティム・ケイン上院議員の診療記録も公表した。ケイン氏の主治医は、彼は「全般的に良好な健康状態」だと記されている。ケイン氏は週3回運動し、薬の服用や喫煙歴はなく、飲酒量は「適度」だと記されている。

この発表は、共和党候補者ドナルド・トランプ氏が健康情報トーク番組「ドクター・オズ・ショー」に出演し、自身の健康状態の詳細について明らかにした日と同じ日に出された。トランプ氏の体重は267パウンド(約121キロ)で、コレステロールを管理するために薬を飲み、毎年がん検診をしていると明らかにした。

しかし、トランプ氏はクリントン氏ほど詳細な診療記録は出していない。現在までにトランプ氏の健康について出ている情報は、彼の主治医ハロルド・ボーンステイン医師による簡潔な所見だけだ。ボーンステイン医師は候補者の健康状態は「驚くほど良好」だと述べている。ボーンステイン医師は後に「所見を書くのに5分くらいしかかからなかった」と振り返った

クリントン氏は9日の段階でクリントン氏が肺炎と診断されたのに公表しなかったことについて、トランプ陣営からも、自分の陣営からも批判を受けている。こうした向かい風をそらそうと、クリントン氏は医療記録を提出した。

これまでもトランプ氏とその支持者は、クリントン氏の健康を疑問視してきた。トランプ氏はクリントン氏について「覇気がない」と繰り返し指摘し、「彼女は昼寝が好きだ」と揶揄していた。保守系メディアも、演説中に咳き込むクリントン氏を攻撃する好機ととらえていた。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
ヒラリー・クリントン画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)