Huffpost Japan

「つらい思い、あなただけじゃない」女優アシュレイ・ウィリアムズが流産を告白した理由

投稿日: 更新:
印刷


女優のアシュレイ・ウィリアムズは、自身の流産について、「ヒューマン・ディべロプメント・プロジェクト」で打ち明けた/ROY ROCHLIN VIA GETTY IMAGES

アメリカ人女優のアシュレイ・ウィリアムズは、同じようなつらい体験をした女性たちのために、エッセイを通じて自分の流産を明かし「つらい思いをしたのはあなただけはない」と伝えた。

エッセイでウィリアムズはこう書いた。「マーケットで買い物をしている間に流産しました。息子のガスと一緒で、ガスはその当時もうすぐ2歳でした」

買い物をしているときに、ウィリアムズは脚に何かを感じ、手で触って血だと気づいたという。息子が手に何がついているのか聞いてきた。彼女は「緊急事態」だと告げた。

「私は自分の手を、デニムのショートパンツで拭きました。ショートパンツには、すでに血が染みていました」と彼女は書いた。「立ち止まって、夫に携帯メールを送りました。『仕事から帰ってもらわないといけないと思う』と」

この体験してから、ウィリアムズは何人かの友だちも、最低でも1度は流産していることを知った。アメリカ妊娠協会によると、“病院で認められた妊娠”の10〜25%は流産するデータがあるという。この統計にウィリアムズは困惑した。とくに、流産という現実がどれだけタブーになり得るかについて考えると——。

「もし私の仲間の25%が私と同じように流産を経験しているのなら、なぜ私には心構えがなかったのでしょう?」と彼女は書いた。「どうして流産について話さないのでしょう? なぜ私は気まずい思いをしたり、自分が壊れたと感じたり、歩く傷になったように感じたのでしょう?」

ウィリアムズは、(流産の)経験は“自分の自信を奪った”が、「流産について話すことが普通な社会」になるように、自分にできることがあるというモチベーションが生まれたという。

彼女がこう続けた。彼女はバングラデシュのある村で、先住民の女性たちに生殖器官について教えた。そして「膣」という言葉をオープンに使うことで、膣内の感染症や尿路感染症のような病気の問題に対して、女性たちが助けを呼ぶように訴えた。今、ウィリアムズは似たような方策を使い、女性たちが自分の流産について話すように働きかけたいという。

彼女は書いた。「誰かに荷物を持ってもらうようお願いしましょう。あなたが弱いからではなく、流産したばかりで十分休む必要があるからです。バーテンダーに、ダブルを注文しましょう。あなたは何カ月もお酒を飲まなかったけれど、今は許可が下りたからです」

ウィリアムズは、流産した女性たちに「つらい経験をしたのは、自分だけではないと知ってほしい」と訴える。

「あなたは壊れていません。何も間違ったことはしていません。あなたは強く、勇敢で、望みはまだあります。私もマーケットでちょうどあなたと同じことが起こり、出血しました」

自分の体験を話すことで、ウィリアムズは他の女性たちに名乗り出る勇気を与えた。女性も男性もウィリアムズにTwitterで告白し、流産が自分の人生にどのように影響を及ぼしたかを伝え、流産について自由に話すことに感謝した。

@imthesmash 私は3度妊娠して、流産しました。あなたの記事を読んで大泣きしました。ひとりで抱えるには大きすぎる重荷、そう思いませんか?

@LittleLeafAsh 伝えるなんて、あなたはとても賢いですね。私はこのエッセイを書くまでは伝えませんでした。今はみんなのサポートと愛情を感じています。話すことで本当に救われるのです。そうでしょう?

@imthesmash この記事を書いてくれてありがとうございます。私の妻は2回続けて流産しました。1度は15週で。数カ月になりますが、まだつらいです。でも回復しています。

@graysonmoulton えぇっ! 残念でしたね。愛をこめて。ハグ& キス

ウィリアムズは、エッセイを発表したことで多くの人たちから受け取った愛に感謝した。

「サポートしてくれて、本当にありがとうございます。あなたのお話、手紙、コメントは、みんなすべて読みました」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
流産の経験について話し、他の女性を支援する有名人たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png