ninshin

生後すぐに子どもが殺される事件、表に出て責任を負わされるのは母親ばかりだ。「子どもは1人ではできないのに。本当におかしいですよね」と支援団体の女性は憤った。
法案を提出した議員は4人に1人が流産を経験しているとした上で、「パートナーと一緒に回復する時間が必要」と訴えた。
経口中絶薬が未だに承認されていない日本。そんな国に住む女性に、中絶薬を遠隔医療サポートサービスで提供する海外の非営利団体がある。
「出産前から相談する場が少なく、人とも気軽に会えず、1人で不安を抱えてしまう人も多い」。支援を続ける助産師はそう指摘します。
ワタナベさんはメインチャンネルの登録者数71万人の人気だ。
菅首相が少子化対策として打ち上げた「不妊治療の保険適用」。だが、根本的な少子化対策として、不妊治療費は「点」の政策に過ぎないだろう。
アンケートから浮かび上がった、産後育児の孤独な実態。父親の育休取得の「希望実現率」は上昇したが……。
榮倉さんと賀来さんの間には、2017年6月に第1子が誕生している。
このウイカさんの投稿に、多くの女性たちが共感の声が寄せられた。
「世界が、日本が大変な状況の中、産まれるまで発表は控えさせて頂くつもりでした。温かく見守っていただけたら幸いです」