Huffpost Japan

「早く死んだらええやん」特養入所者に平手打ち 女性職員を懲戒解雇

投稿日: 更新:
印刷

三重県四日市市の特別養護老人ホーム女性職員が、女性入所者に暴言を吐いたり暴行を加えていたりしたとして、懲戒解雇されていた。共同通信が報じている。

フジテレビ朝日新聞デジタルによると、特別養護老人ホーム「よっかいち諧朋苑」で、2016年7月下旬から9月上旬にかけて、55歳の女性職員が夜勤中、88歳の入所者の女性に、以下のような行為をしていた。

  • 「早く死んだらええやん」と暴言を吐く
  • 顔を平手打ちする
  • 枕で顔を叩く
  • 枕カバーで顔を覆う

女性は要介護度5で意思疎通ができず、女性の息子がカメラを設置して職員の行動を確認し、四日市市に相談していた。職員は9月17日付で懲戒解雇された。

共同通信によると、職員は市の調査に「夜勤のストレスがあった」と話したという。施設長は「入所者と家族に大変申し訳ない。再発防止に努める」と話した。

関連記事
石原慎太郎の葛藤と、相模原障害者殺傷事件の背景を考える。 | 雨宮処凛


相模原事件から2カ月。「優生思想」を根絶する社会へ | 保坂展人