Huffpost Japan

三原じゅん子氏、24歳年下と3度目の結婚 交際約2カ月のスピード婚

投稿日: 更新:
印刷

自民党の三原じゅん子参院議員(52)が10月26日、元公設秘書の中根雄也氏(28)と結婚すると発表した日刊スポーツによると、二人は約1年前に知り合ったとされ、2016年8月から交際をスタートしたという。

三原氏はこの日未明、「結婚のご報告」と題するブログを投稿し、中根氏について「神奈川県藤沢市にて政治家を志し、各級議員秘書として仕事をされてきた」などと、紹介した。今後については「お互いに、政治の仕事に専念し、今迄以上に神奈川、、、日本の為に『チーム神奈川』の同志として精一杯取り組んでいく所存でございます」と意気込みを見せた。

また、中根氏も自身のFacebookページに結婚を報告。「今後はお互いに仕事、家庭と尊敬し信頼できるパートナーとして、支えあっていく所存でございます」などとつづった。

■中根雄也氏ってどんな人?

中根氏は、1988年、神奈川県藤沢市出身。地域密着メディアの「タウンニュース」によると、駒澤大学経済学部を経て、ユニクロなどを展開するファーストリテイリングに勤務した後、星野剛士衆議院議員事務所で秘書として働いてきた。

2015年の藤沢市議会議員選挙に出馬したが、落選。2016年9月からは、三原事務所で公設第二秘書として働いていた。中根氏は自身のFacebookページに三原氏の政策や写真を多数投稿していた。

国会議員秘書給与法では、配偶者を公設秘書にすることを禁じている。当初、三原氏は週刊文春に結婚の可能性について問われ、「まだわかんないです」などと答えていたが、24日に一転「結婚します」と宣言、同日付で中根氏が公設秘書を辞めたことを明かしていた。

■三原氏にとっては3度めの結婚

三原氏は、1964年板橋区出身。1990年にレーサーの松永雅博氏と結婚したが、1999年に離婚。同年に、タレントのコアラさんと再婚したが、2007年に離婚した。

三原氏は「年齢差は、全く感じていません。温かく見守っていただければ」と、日刊スポーツに語った
【関連記事】

三原じゅん子氏「神武天皇は実在の人物」と認める 池上彰氏が質問