NEWS

ドゥテルテ大統領の暴言で振り返る2016年 締めは「ヘリから中国人を突き落としたことがある」

2016年12月30日 18時40分 JST | 更新 2016年12月30日 18時40分 JST

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は12月28日、南カマリネス州で演説し、「ヘリコプターから中国人を突き落としたことがある」と発言した。そして、再びするかもしれないという。

ロイター通信によると、ザ・パニッシャー(仕置き人)の異名を持つロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、かつてレイプ殺人容疑の中国人男性をヘリコプターから投げ飛ばしたことがあると発言した。

彼は「もし腐敗にまみれた人間がいたら、ヘリコプターに乗せ、マニラへ向かう途中で上空から捨てる」と述べた。

「前にやったことがある。またするかもしれないな」

ヘリコプターから人を突き落としたことがあると発言するフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領

しかしドゥテルテ大統領は29日になって、ABS-CBNニュースのインタビューで「人を突き落としたのは本当か」と尋ねられ、あいまいな答えを繰り返した。

「ヘリコプターから人だって?」「もしそれが本当なら、認めないだろうな」

エルネスト・アベリャ大統領報道官は、この話は「都市伝説」だと語った。

ドゥテルテ大統領の暴言はこれだけではない。彼は対戦相手と2倍以上の票差で大統領選に勝利した。他にも以下の6つのお騒がせ発言がある。

1. 「3人射殺した」

ドゥテルテ大統領は2016年12月初め、ダバオ市長だったときに3人の犯罪容疑者を射殺したと発言した。

「3人殺した。 俺の銃からいくつ銃弾が出て彼らの体内にぶち込まれたか分からない。とにかくそういうことだ。この件について嘘はつけない」

2. 「麻薬中毒者は殺せ」

ガーディアン紙によると、大統領就任日に、「麻薬中毒者を殺せ」と人々に呼びかけた。

彼は「麻薬中毒者を知っているのなら、そうしてくれ。自分自身で殺してくれ。親が手を下すのはあまりにも辛いだろうから」と発言した。

マニラで麻薬の強制捜査が行われる中、顔を覆う麻薬容疑者たち

3. 「国連を焼き払う」

約6000人を殺害した麻薬密売人に対する取り締まりを国連が非難すると、ドゥテルテ大統領は反撃に出た。

インディペンデント紙によると、彼はゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権高等弁務官を「バカ」と呼び、「国連で苦情を申し立てればいい。私は国連を焼き払う」と語ったという。

「アメリカに行ったら、焼き払ってやる」

4. オバマ大統領に「くそったれが」

麻薬取引の取り締まりについてアメリカ大統領から尋ねられたら、どう答えるのかとの記者からの質問に、「敬意を示してくれ」と言うと述べた。

BBCによると、彼はオバマ大統領に「私に対して敬意を払うべきだ。質問なんかするな。このプータン・イナ・モ(くそったれ)が。もし奴が話を持ち出したら会議でののしってやる」と語ったという。

5. ジャーナリストにも「くそったれ」

イギリスの「チャンネル4ニュース」アジア担当のジョナサン・ミラー記者に「消え失せろ、くそったれ」と罵った。大統領就任からまだ日が浅いうちに政府が数千人を殺したことについて質問されたときのことだ。

マニラ刑務所の囚人たち

6. 「俺はヒトラーの従兄弟だと言われている」

麻薬取り締まりについて演説しているときに、ホロコーストに触れ、300万人の麻薬中毒者を「喜んで殺害する」と述べた。

ドゥテルテ大統領は「俺はヒトラーの従兄弟と形容されている」と述べ、「ヒトラーは300万人のユダヤ人を虐殺した。フィリピンには同じ数の麻薬中毒者がいる。俺は喜んで彼らを虐殺する」と語った。

彼はフィリピン政府が推計した国内の麻薬中毒者数に言及していた。歴史学者らによると、第二次世界大戦前と大戦中にヒトラーの指導下でナチスにより600万人のユダヤ人が殺された。

ハフィントンポストUK版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ドゥテルテ氏 発言集

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

ドゥテルテ大統領の容赦ない麻薬撲滅戦争 超法規的殺人の急増でフィリピンの路上に死体が転がる

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png