do-terute

ドゥテルテ大統領がは、理想と現実との大きなギャップを、どの程度埋めようとするのか
2019年は、東南アジアの民主主義と権威主義のせめぎあいのなかで重要な節目の年となるだろう。
14歳惨殺に警官が関与か
ドゥテルテ大統領があれほどの過激な活動をしなければ改善できないほどの腐敗した現実があるのかもしれない。それは一体どのような状況なのか。
頼れるセーフティネットは家族だけという現実をも、この映画は忠実に描いている。