NEWS

ローマ法王フランシスコが警告「ポピュリズムはヒトラーを生む」トランプ大統領の動き注視

2017年01月23日 23時51分 JST | 更新 2017年01月24日 22時14分 JST

photo

ローマ法王フランシスコは判断を急がない。

ローマ法王フランシスコは1月22日、スペインの新聞「エル・パイス」のインタビューで、アメリカのドナルド・トランプ大統領について「注視しないといけない」と述べ、「早まった判断を下さないよう、辛抱しなければならない」と先入観を持たないことを強調した。

「彼がどのように行動し、何をするのかわかってくるでしょう。それからなら意見を言えます。しかし、何か起こりそうだからと先に恐れたり喜んだりするのは、実に愚かなことです。まるで災難を告げる予言者のようなものです」と、法王フランシスコは言った。

NBCニュースによると、法王フランシスコはヒトラーの権力掌握を例に挙げ、ポピュリズムの台頭に警告を発した。

「危機になると人は判断力を欠いてしまう。それは私にとって不変の教訓です」と、法王フランシスコは言った。「だから、私はいつも呼びかけようと試みます。あなたたちの間で話しなさい、お互いに話し合いなさい、と。しかし、1933年のドイツのケースが典型的な例です。危機に陥った民族が自らのアイデンティティーを求めるなか、カリスマ的な指導者が現れ、彼らのアイデンティティを取り戻すと約束しながら、歪められたアイデンティティを与えるのです。そして何が起こったかは、みなさんご存じでしょう」

法王フランシスコは20日、トランプ大統領の就任式当日に公電を送り、新大統領の決断が「豊かな精神と倫理を尊ぶ価値観」に導かれるように促した。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png


▼画像集が開きます

トランプ大統領就任式

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

マイケル・ムーア監督、国民がトランプ大統領に抵抗する計画を明かす「毎日議会に電話してくれ」