トランプ氏「アメ車が売れないのは日本のせいだ」⇒BBC「それは違うよ」と指摘

投稿日: 更新:
CADILLAC AMERICAN FLAG
星条旗を掲げたアメリカのキャデラック | Ints Kalnins / Reuters
印刷

トランプ大統領が、日本の自動車市場は閉鎖的で、アメリカ車を売るのはほぼ不可能だと批判している。これに対してBBCなどの海外メディアが、アメリカ車が売れないのは日本のせいではないと指摘している

「アメリカ人は毎年何百万台も日本車を買っているのに、日本人がほとんどアメリカ車を買わないのは不公平だ」。BBCはトランプ氏のこの発言を紹介した上で、アメリカ車が日本で売れていない理由について迫った。

なぜ日本で「アメ車」が売れないのか。その理由についてBBCは「道路事情がアメリカと異なり、家の前の道路や駐車スペースが狭い」と説明している。

レポーターが実際にアメリカ車を日本で運転。すると、走行や駐車に苦戦したようだ。この点、日本の軽自動車はスムーズにこなすことができ、アメリカ車が日本に向いていないことを紹介した。

日本の車と比べ、ハンドルの位置が反対だったり、燃費が悪かったりすることにも触れ、性能や様式の違いが売れない要因に挙げられると言及した。

日本人は外国車を買わないわけではない。むしろ、ベンツやBMWなどのドイツのメーカーは好まれている。日本で売れる外国車の70%が、ドイツ車だという。

過去にはアメリカ車、現在はドイツ車を所有する日本人の女性は、BBCのインタビューに対し、「(アメリカ車は)形は好きだが、乗ると安っぽくて安全と感じない。ドイツ車と比べてサービスが悪い」と話した。

BBCはさらに、日本はアメリカ車のような輸入自動車に関税をかけていないが、アメリカは日本車の輸入に対して最大25%の関税をかけていると説明。「文句を言うのはやめてドイツ車を見習うべきだ」と言い放った。

ニューヨークタイムズも同様に、日本人がアメリカの車を求めていないと指摘する

2016年の自動車販売台数の500万台のうち、アメリカ製は1万5000台で、わずか0.3%にとどまる。トヨタの大規模ディーラーがカルフォルニア州で販売する車の数よりも少ないという。

東京都町田市で、24年前からアメリカ車専門ディーラーを営む男性は、「当時はすぐ故障し、よく客に怒られた。同じ値段だったら、日本車の方がお得だ」と、ニューヨークタイムズの取材に対して答えている。

同紙は、アメリカの自動車が、信頼性が低く燃費が悪いというイメージがついてしまっているのは問題だと指摘している。

また、アメリカの車を愛用する男性は「アメリカの自動車メーカーは貿易障壁について文句を言うのをやめ、魅力的な車をつくることに集中するべきだ」と話した。

こうした報道に対して、Twitter上では「売れないように仕組んでいるわけでもなく、日本人受けするアメ車がない」と賛同する声が相次いだ。


■関連画像集「21世紀のスーパーカー」

Close
21世紀のスーパーカー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら