Huffpost Japan

植民地時代の北朝鮮 貧しくとも笑顔あふれる日常の数々【画像集】

投稿日: 更新:
印刷

1930~40年代の朝鮮半島北部で、冠婚葬祭や農業、子供たちの日常などをとらえた写真集がこのほど韓国で発売された。

ハンギョレによると、日本の植民地支配下にあった1922~44年に、平壌や南浦、義州など朝鮮半島北部で宣教や教育、住民への奉仕活動などをしていたアメリカの宣教会「メリノール外方宣教会」所属の神父たちが撮影した約150点だという。

写真集『私たちの神父様は写真家』は、ソウル大教区のチェ・スンニョン神父が収拾した写真約1000点の一部だ。ソウル大教区古文書庫の責任者だった頃、メリノール本部の古文書庫を訪ねて朝鮮半島の古い写真を見つけ、複写したという。編集したチャン・グンソン神父は前書きで「宣教師たちは専門家にも負けない資料を写真として残した。当時、貧しくみすぼらしかった朝鮮半島の現実が記録されているが、明るい子供たちの姿は実にほほえましい」と紹介している。

  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    1937年、平安北道新義州の教会で結婚式を挙げる新郎新婦。
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    平壌・館後里教会のある丘から見下ろした平壌の大同門と昔の町並み、そして大同江
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    中朝国境を流れる鴨緑江が氷結し、そりに乗って渡る外国人修道女
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    1933年、教会の前で弟を背負い、笑顔を浮かべる少女
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    1937年、遠足に向かう平壌の少年少女ら。後方に大同江が見える。
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    1930年代、平安北道義州郡枇峴の街角。豪雨のためか、水浸しになっている。
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    平安北道義州郡の教会の前で、十字架を作ってあそぶ少女ら
  • 天主教平壌教区・図書出版ヌンピッ
    写真集『神父様は写真家』の表紙

※画像集が表示されない場合はこちらへ。

2017年は、平壌にカトリックの布教単位となる「教区」が設定されて90年にあたる。1945年の日本の敗戦に伴う南北分断で、平壌の教区は社会主義政権下に置かれ、信仰の自由が制限される「沈黙の教会」となった。写真集は、この90周年を記念して出版された。一部を紹介する。

▼関連画像集「大韓帝国末期・植民地時代の朝鮮半島絵はがき」▼

Close
朝鮮王朝末期・日本植民地時代の朝鮮絵はがき
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

※画像集が表示されない場合はこちらへ。

関連記事

北朝鮮の1950年代の様子をとらえた貴重なモノクロ写真【画像】




北朝鮮にも美女がいる、喜怒哀楽の営みがある 写真家は迫った