急病の女性ドライバーを救うため、ドライブスルーの窓から飛び出したマクドナルド店員(動画)

投稿日: 更新:
印刷

ドライブスルーの列で意識を失った非番の警官を救うためフロリダ州のマクドナルド店員が取った勇敢な行動に、賞賛の声が集まっている。

デロ・ビロリアさん(22)は3月14日早朝、フロリダ州マイアミにあるマクドナルド・ドラル店のドライブスルー窓口で勤務していた。子供2人を乗せた女性に朝食セットを出そうとした時、異変に気がついた。

「女性が呼吸をほとんどしておらず、変だと思いました」と、ビロリアさんはNBCマイアミに語った。

その後、窓口から車が遠のき始めた。女性ドライバが気絶し、ブレーキから足が離れた。

「お子さんたちは『ママ、ねえ、止まってよ。何やってるの?』と叫んでいました」と、ビロリアさんはCBSマイアミに証言した。

窓から離れていく車両を目の当たりにして、ビロリアさんは何かしなくてはと悟った。



「必死で走って、車の前方に回りました」と、ビロリアさんはNBCマイアミに話した。

監視カメラの動画には、ビロリアさんがジャンプする様子が記録されていた。幸運にも、車は縁石にぶつかり、往来に飛び出す前に止まった。


ビロリアさんは、ドライブスルーの窓からジャンプし、車を追いかけた。

CBSマイアミによると、ビロリアさんは、救急車を呼ぶよう車内の子供たちに頼んだという。

その後、居合わせた人の中から助っ人が登場した。ドライブスルーの客の中に、徒歩で朝食を食べに来ていた、非番のマイアミ・デイド消防救助隊員の救急救命士がいた。

CBSマイアミによると、初期対応をした最初の2人が急病人にCPR(心肺蘇生術)を行い、その後、ドラル警察がAED(自動体外式除細動器)を持ち込み、蘇生することができた。

急病人はマイアミ・デイド警察の警官で、非番だったと判明した。 警官の氏名は公表されていない。

地元テレビ局WSVN-TVによると、女性は地元病院に搬送されたが重体だという。

現場のマクドナル店舗のフランチャイズ・オーナーで上司のアレックス・メネンデスさんは、ビロリアさんの勇敢な行動を称えた。

「まず最初に、大変な目にあわれた警官とそのご家族に対しお見舞い申し上げ、ご回復を祈念します。マクドナルド店従業員を代表して、私たちはペドロを誇りに思っていることを申し上げます。彼は元々素晴らしい従業員ですので、女性を救助するためにすぐ行動し、窓から飛び出したとしても不思議ではありませんでした。また、必要な医療を女性に施す重責を果たした従業員は、ペドロひとりではありません。匿名希望の従業員1名も人工呼吸をサポートしました。迅速な判断と行動が最優先でした」

自らの安全は顧みなかったと、ビロリアさんは話した。

「『お子さんが今日お母さんを亡くしたら、本当に悲しいことになる』と思いました」と、ビロリアさんはWSVN-TVに語った。「女性を救うために自分の命が必要だったとしても、行動していたでしょう」

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
勇気ある救出
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png