Huffpost Japan

「こども園」全国初の認定取り消し 定員を大幅超過、42人分の食事を68人で食べていた

投稿日: 更新:
印刷

兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員の1.5倍に当たる児童を受け入れていたとして、同園の認定を県と市が3月中にも取り消す方針を固めた。定員46人の園児以外に、市に隠して直接保護者と契約した22人を勝手に受け入れたほか、合計68人の園児に対して40食ほどの給食しか用意しなかったり、超過した園児の保育料を独自に設定していたりしたという。3月19日、神戸新聞などが報じた。

市などによると、施設の面積などから算定された同園の定員は46人。だが、園内には0~5歳の約70人がひしめいていた。特別監査があった日、同園が外部発注した給食は42人分。おかずを取り分けたが、0、1歳児にはスプーン1杯分しか行き渡らなかったという。

給食の不足は常態化し、土曜日に限っては10食のみに固定し、これを園児40人前後に分配。おやつは午後1回だけで、4、5歳児は「ビスケット3枚」もしくは「かっぱえびせん6本」に制限した。余った給食は冷凍保存し、足りない日に解凍して提供。1カ月以上過ぎても使うケースがあったという。
 
神戸新聞NEXT|給食のおかずスプーン1杯 姫路の子ども園より 2017/3/19 07:10)

MBSニュースによると、県と市が行った2月の監査で、問題が発覚したという。神戸新聞によると、わんずまざー保育園は2003年に認可外保育施設として設立。2015年に県の認定を受け、年間約5000万円の公費が運営に充てられていた。こども園の認定取り消しは、子ども・子育て支援新制度が導入されて以降、初の認定取り消しとなる。

■認定こども園とは

コトバンクによると、認定こども園は、幼児教育の充実した幼稚園と、長時間預かる保育所の利点を併せ持つ。親の就労状況に関わらず0~5歳児が利用できる。

幼稚園は教育機関であるため、基本的には給食がなく教育時間も4時間程度に限られる。対する保育所は、給食施設をもち長時間保育を原則としている。母親の就労形態が変化してきたことで、2006年度に導入をスタート。2015年に子ども・子育て支援新制度が導入されたことで、認可手続きの簡素化などにより、こども園の新たな設置や幼稚園・保育所からの移行がしやすくなっていた。2016年4月1日時点では、認定こども園の数は4001。2015年4月の2836園から1000以上増えている。

【関連記事】
kodomo en
認定こども園を増やしたいなら、私立幼稚園に私学助成減額という「ムチ」の検討も