Huffpost Japan

函館の無料貸傘サービス、2100本が返却されず廃止に 「善意のリレーが続けば...」

投稿日: 更新:
印刷

北海道新幹線が開業した2016年3月から函館市で実施されていた傘の無料貸し出しサービスが、2017年3月末で廃止されることになった。用意した2300本のビニール傘のうち2100本が未返却となったことなどが理由だという。サービスを実施していた北海道新幹線新函館開業対策推進機構(以下、新幹線機構)の担当者はハフィントンポストの取材に対し、「善意のリレーが続けば、サービスは続いていたかもしれない」と語った。

担当者によると、この無料貸し傘サービスでは、事業を介した2016年3月26日当初、1000本の傘を用意。JR函館駅や、五稜郭両駅など市内6カ所に貸し傘スタンドを設置し、無料でいつでも手に取ってもらえるようにした。100円の傘では壊れやすいかもしれないと、当初は市販価格500円程度の傘を用意。返却先は借りた場所とは別のスタンドでも良いとしていた。

umbrella
北海道新幹線新函館開業対策推進機構 公式サイトより

しかし、ゴールデンウイーク明けに、傘が100本に減少。5月中旬に500本を追加、さらに8月中旬にも500本を追加するなど、2016年12月末までに2300本を投入したが、そのうち9割以上に当たる2100本が未返却だったという。追加購入でコストがかかることもあり、傘も100円のものに変わった。

北海道では冬は傘をささない文化があることから、貸傘サービスは2016年12月で一旦中止されている。新幹線機構が2017年3月末で解散することもあり、このままサービスが立ち行かない状態で別の団体に引き継ぐのは心苦しいと、サービスの廃止を決めた。新幹線機構の担当者は、「傘は、返ってこなかった数よりも何倍も役に立ったはず。毎年500万人が訪れる観光地で、実施した意味はあった」と振り返った。

■無料貸傘、なかなか返却されないのが実情か

無料貸し傘サービスはこれまで、全国各地でも行われているが、なかなか傘は返却されないのが実情のようだ。1962年11月から始まった名古屋地下鉄の「友愛の傘」では、54年以上無料貸傘の取り組みを続けている。これまで12万以上の傘を提供してきたが、返却されることはほとんどないという。

新幹線機構が手本にしたというJR西日本の金沢支社でも、2015年3月から無料貸傘サービスを実施していたが、2017年3月現在は廃止されている。


▼「2017年、話題の人々」画像集が開きます▼

Close
2017年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【関連記事】

日本vsドイツの傘問題 ドイツではちょっとやそっとの雨で傘をさしてる人はあまり見かけません



訂正箇所を連絡