セウォル号、沈没事故から3年ぶりに船体が水面に姿を現す

投稿日: 更新:
印刷

2014年4月に韓国で修学旅行中の高校生ら304人が死亡・行方不明となった大型旅客船「セウォル号」沈没事故。

事故から約3年を経て船体の引き揚げ作業が始まり、23日未明、1073日ぶりに船体が水面上に姿を現した。通信社のNEWS1が伝えた。

韓国海洋水産省によると、23日午前3時45分ごろ、船体の均衡を保つ「スタビライザー」とみられる船体の一部が水面上に肉眼で見え始め、約1時間後の午前4時47分ごろ、船体本体が現れた。

sewol

sewol

sewol

試験引き揚げを経て22日午後8時50分に始まった引き揚げの本作業は、時速3メートルの速さで船体を浮上させた。

海洋水産省の計画では、23日午前11時までに水面から13メートル上に船体が現れることになっている。

Close
韓国・セウォル号沈没事故(2014/04/16~)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

「セウォル号」船体引き揚げ始まる 295人死亡の事故から3年、まだ9人が行方不明




韓国・セウォル号沈没事故、船員はなぜ乗客より先に逃げたのか 交信記録で明らかに




韓国・セウォル号沈没事故から2年 遺族たちは現場を離れない(動画)