朴槿恵・前大統領に韓国検察が逮捕状請求 大統領経験者で史上3人目

投稿日: 更新:
PARK GEUN HYE
Bloomberg via Getty Images
印刷

弾劾訴追を受けて罷免され、収賄などの容疑で捜査を受けていた韓国の朴槿恵・前大統領について、韓国の検察当局は3月27日午前、逮捕状を請求した。聯合ニュースが伝えた。

検察の特別捜査本部は3月21日、朴氏に被疑者として出頭を求め約14時間に及ぶ取り調べを実施。検察が身柄拘束をするのか、在宅で捜査を続けるのかが注目されていた

ハフィントンポスト韓国版によると、検察当局は27日、逮捕状請求の理由について「強大な大統領の地位と権限を利用し、企業から金品を収受したり、企業経営の自由を侵害するなどの権力乱用の形態を見せ、重要な公務上の秘密を漏らすなどの事案はとても重大だ」として「被疑者が大部分の犯罪嫌疑について否認するなど、今後、証拠を隠滅する恐れが存在する」と指摘した。

朴氏は知人女性の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、李在鎔(イ・ジェヨン)被告によるサムスングループの経営権継承を支援する見返りに、298億ウォン(約29億4300万円)の賄賂を受け取るなど、計約43億円の収賄や、政権に批判的な文化人のブラックリストを作成し、公的支援から排除するよう命じた「職権乱用権利行使妨害」などの容疑に問われている

韓国で現職大統領が退任後に捜査対象となるのは史上4人目。1995年には全斗煥、盧泰愚の両元大統領が、1979年の軍事クーデターや1980年の光州事件で民主化運動を弾圧するなどの容疑で逮捕され、実刑判決を受けている(のちに特赦)。

Close
韓国・朴槿恵大統領を弾劾(2017年3月10日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事

朴槿恵大統領は「収賄の共謀者、約43億円」 韓国・特別検察が最終報告




朴槿恵・前大統領は逮捕されるか? 韓国の検察内部でも意見分かれる