朴槿恵・前大統領を韓国地検が逮捕 大統領経験者で史上3人目

投稿日: 更新:
PARK GEUNHYE
ソウル中央地検庁舎から拘置所に移送される韓国の朴槿恵前大統領(右から2人目)(韓国・ソウル)=2017年03月31日 | 時事通信社
印刷

韓国の検察は3月31日未明、収賄などの容疑で朴槿恵・前大統領を逮捕した。聯合ニュースが伝えた。

韓国で大統領経験者の逮捕は、1995年の盧泰愚氏、全斗煥氏に次ぎ3人目。朴氏は、巨額の賄賂を受け取ったほか、知人女性の崔順実(チェ・スンシル)被告に大統領府の機密文書を流出させたなどの疑いが持たれている。

ハフィントンポスト韓国版などによると、ソウル中央地裁は朴氏に対する逮捕状を発付した理由について、「証拠隠滅のおそれがあり、拘束の理由と必要性、相当性が認められる」と指摘した。

ソウル中央地検は21日、朴氏に被疑者として出頭を求め、14時間にわたる取り調べを実施。一旦帰宅させたが、「大統領の地位と権限を利用し、事案が重大だ」などとして、27日に逮捕状を請求した

朴氏は、崔被告と共謀し、李在鎔(イ・ジェヨン)被告によるサムスングループの経営権継承を支援する見返りに、298億ウォン(約29億4300万円)の賄賂を受け取るなど、計約43億円の収賄のほか、政権に批判的な文化人のブラックリストを作成し、公的支援から排除するよう命じた「職権乱用権利行使妨害」など、計13件の疑いが持たれている。

朴氏は検察に身柄を拘束され、ソウル近郊のソウル拘置所に移送された。ソウル拘置所には、崔被告や李被告らも収監されている。

韓国の歴代大統領で捜査対象になったのは4人目で、逮捕者は3人目となる。1995年には全斗煥、盧泰愚の両元大統領が、1979年の軍事クーデターや1980年の光州事件で民主化運動を弾圧するなどの容疑で逮捕され、実刑判決を受けている(のちに特赦)。

朴氏は、2013年2月に初の女性大統領に就任。しかし一連の疑惑で、韓国の国会で2016年12月に弾劾訴追された。これを受け憲法裁判所が3月10日、「到底容認できない、重大な憲法・法律に違反する行為」として、1987年の民主化以降の韓国史上初となる罷免を決めた

朴氏の罷免に伴い、5月9日に大統領選挙が開かれる。


■関連画像集「韓国・朴槿恵大統領を弾劾(2017年3月10日)」

Close
韓国・朴槿恵大統領を弾劾(2017年3月10日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら