ジ・アンダーテイカー引退、WWEの伝説的プロレスラーが「レッスルマニア33」でマットを去る

投稿日: 更新:
印刷

アメリカのプロレス団体「WWE」が4月2日に開催した最大の大会「レッスルマニア33」で、WWEのスーパースター(WWEではプロレスラーのことをこう呼ぶ)のひとり、ジ・アンダーテイカー引退を発表した。

1984年のデビュー以来、数十年もの間WWEマットを中心に活躍し、レッスルマニアでは1度しか敗北したことのないアンダーテイカーがロマン・レインズに敗北した後、アンダーテイカーはマント、手袋、帽子を脱いでリングの真ん中に置き、アリーナを後にした。

レッスルマニア33は、「地獄の墓掘り人」「デッドマン」などの異名をとった、WWEを代表するプロレスラーの引退発表で幕を閉め、会場は感傷的なムードが漂った。

衝撃だった…
最高のレスラーだった…

その夜、最後の試合でロマン・レインズが「デッドマン」を破った。ここ数年は戦績がふるわず、怪我も絶えなかったことから、アンダーテイカーが引退を考えているという噂は数か月にわたって囁かれていた。レッスルマニア33に先立ち、フォーブスに掲載された記事によると、レインズがこの伝説のレスラーのキャリアに終止符を打つのではないかと言われていた。

ロマン・レインズが4度目のスピアーでジ・アンダーテイカーを下す。30年近い間、これまで他に1人しか出来なかった偉業だ!

アンダーテイカーの引退が公式に発表される。今晩が彼の最後のレスリングだ。

アンダーテイカーが最後にリングに登る間、7万人の大人の男たちが涙を流した。

ファンは#ThankYouTakerのハッシュタグを使って心のこもったメッセージをTwitterに投稿した。

涙が抑えられない

テイカーの引退を突然知った衝撃

ありがとう、テイカー。 30年以上私たちを楽しませてくれて本当にありがとう。あなたのすべてにありがとう。テイカー、私たちはみんなあなたを愛しています。

私の子供時代の一番大きな部分を占めていた彼。誰よりも最高だった彼、ピリオド。誰も彼に近づける人などいないでしょう。

これは、何年も前に読んだ文章だ…

HBK(ハートブレイクキッド)は心だった
HHH(トリプルH)は精神だった
テイカーは魂だった

その3分の2がいなくなってしまった。

伝説は決して死なない。

私の気持ちは言葉で言い表すことなど不可能だ。アンダーテイカーは私の人生に20年間住み続け、永遠の存在なのだ。

今の私の気持ち。

これで終わりだ。これは本当なのだ。 WWEと共に過ごした子供時代の最後の部分が消えたのだ。とても辛い。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
WWE スーパースターズ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

............

【イベント開催】
ハフィントンポストは4月6日(木)、一般社団法人シンクパールと朝日新聞社メディアラボとの共催で「もっと話そう女性のカラダ!仕事とカラダのいい関係」について考えるイベントを開きます。

一人ひとりのカラダが違うこと、年齢に伴ってカラダは変化することを意識し、子宮頸がんを中心とした病気のリスクについても知る。かけがえのない大事なカラダについて、より理解を深め、会話する。健康でよりよい働き方を選択していくきっかけにしていただきたいと思います。男性の参加もお待ちしております。

お申し込み⇒