アメリカ議会、1週間のつなぎ予算で政府機関の閉鎖回避、オバマケア撤廃めぐり攻防激化

投稿日: 更新:
TRUMP
(Photo credit should read SAUL LOEB/AFP/Getty Images) | SAUL LOEB via Getty Images
印刷

アメリカの上下両院は4月28日の本会議で、5月5日を期限とする1週間のつなぎ予算案を可決し、2013年10月以来の政府機関閉鎖の事態はひとまず回避された。

共和党が医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃やメキシコ国境の壁建設などを予算に盛り込もうとすれば、下院民主党は、政府閉鎖を避けるためのつなぎ予算案に反対票を投じる意向だった。

共和党は、2度目となるオバマケアを撤廃する法案可決を急ピッチで進めるためには、1週間のつなぎ予算決議案を民主党の票なしで可決しなければならなかった。民主党のウィップ・ステニー・ホイヤー下院議員は「共和党は、2400万人のアメリカ人から医療保険を奪い、すでに受けている人々を差別し、アメリカ人高齢者に『年齢税』を課すことになる法案を可決させようとしている。しかし、可決のための票を獲得するのは極めて困難だろう」と批判し、つなぎ予算案への反対も示唆していた。

議会でつなぎ予算案を可決できなかった場合、政府機関は28日真夜中に閉鎖されるところだった。

下院の民主党議員は団結している。下院民主党のナンシー・ペロシ院内総務は、共和党首脳が医療保険法案とつなぎ予算決議案を立て続けに議会で通そうとして「リンゴとオレンジを混ぜている」と批判した。

つなぎ予算案が可決され、政府は、民主党と共和党が本予算案の交渉をまとめる1週間の間、政府機関の閉鎖を免れる。

「民主党議員は、自らの裁量に任されています」と、ペロシ氏は話した。

共和党議員が彼らの医療保険法案の投票を強引に進めれば、「自分の額にタトゥーを入れることになる」とペロシ氏は述べ、後に政治的代償を払うことになると示唆した。

「彼らが投票した瞬間、大変なことになる」と、ペロシ氏は警告した。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
トランプ政権の100日間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)


2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png