仏軍艦艇「ミストラル」が佐世保で一般公開 長崎の原爆を紹介する乗組員向け掲示も(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

mistral
ミストラル(2017年4月29日 REUTERS/Nobuhiro Kubo)

フランス海軍の強襲揚陸艦「ミストラル」が4月29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港し、親善のため30日に一般公開された。

フランス大使館によると、ミストラルは全長約199メートル、幅約32メートル。最大速力は19ノットとなっている。甲板ではヘリコプター6機が同時に発着できる

Twitterには一般公開の様子が、多数投稿された。艦内には乗組員向けと見られる、フランス語で書かれた日本に関する掲示もあり、日本の文化・風土や挨拶に使える日本語などのほか、長崎に落とされた原爆や長崎原爆資料館なども紹介されていた。




今回入港の目的は、自衛隊と米英仏の計4カ国で初めて実施される共同訓練への参加するため。毎日新聞によると、すでに乗艦中の英海軍約60人に加えて、今後は日本の陸上自衛隊やアメリカ海兵隊約100人を乗せ、グアムへ向かう予定となっている。

「お節介モデル」を世界に広げるリクルート。海外でも徹底する「任せる」経営とは?[SPONSORED]