furansu

思想信条を問わず多くのファンを持つシモーヌ・ヴェイユ。彼女こそ、家父長制度が強固に編まれた時代にフランスを力強く変えていった「わきまえない女」だ。
若者たちは“人間のはしご”で一家を助け出した。
「イチゴキャンディー」は、日本でも馴染みのある「あのメーカー」の商品に近いものだったようです。
フランス映画『ゴッドマザー』は、新型コロナによって一度は公開延期に。ハリウッドの新作が止まる中で国内興行を支えるのは自国の映画だ。
苦難の当事者だけではなく、支援者にスポットを当てた小説『彼女たちの部屋』。レティシア・コロンバニさんが作品に込めた想いとは。
パリでも東京でも「私はどこにいても満たされない」。そんな自分と向き合い続ける作家・金原ひとみさんが、コロナ禍でもなお同調圧力が支配する日本に問いかける。
フランスでは、新型コロナの患者対応に最前線で奔走する医療従事者らの給与が引き上げられることが決定。首相は「歴史的瞬間」と述べた。
これからは、「家庭内保育」と「在宅勤務」をどう両立させていくかが、新たな課題をなっていくはずだ。保育問題は親の労働問題であり、保育の変化は、親の働き方の変化に連動するのだから。
7メートルのベランダを往復し、42.195キロを6時間48分で走りきったという。