坂上忍、「犯人に告ぐ!」でお手柄。盗聴犯を警察に引き渡す

投稿日: 更新:
SHINOBU SAKAGAMI
坂上忍(GQ of the Year 2014」表彰式。東京都港区) | 時事通信社
印刷

oriconnews

坂上忍、番組内でお手柄 盗聴犯を警察に引き渡す「僕も驚いた」

俳優でタレントの坂上忍が、3日に放送されるTBS系特番『犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第2弾』(後7:00)に出演。MCを務めながら、盗聴器捜査の専門家・酒井賢一氏と共に出動し、リアルに盗聴器を発見。独自に捜査を進めて容疑者を直撃し徹底追及した後、通報を受けて駆けつけた警察官に引き渡すというお手柄となった。

探査機を積んだ酒井氏の車に同乗して都内に出動した坂上は程なくして怪しい電波を受信。“不審電波”発信源のアパートを突き止めると住人は30代の超美女。彼女は、坂上の説明に当初、半信半疑だったが、室内のコンセントに仕組まれた盗聴器が見つかる。簡単には取り付けることができないタイプの盗聴器だったことで、アパートの大家に疑惑の目が向けられた。

当初はのらりくらりとかわしていた大家だったが、ついには自分の犯行だと白状する事態に。坂上は、言い訳を繰り返し、反省の態度を見せない大家に憤慨。真剣勝負の対話で『事実』を聞き出してゆく。その後110番通報。駆けつけた警察官に証拠の盗聴器を示し、大家が自分の仕業と認めたことを告げたところ、大家は任意同行で事情を聴かれることとなった。

坂上は「まさかの展開に僕も驚いた。しかも信頼している大家の仕業だったとは…。知らないうちに被害に遭っている方も多いのではないかと思う。自分の身を守る方法を知ってもらいたい」と語気を強めていた。

番組ではこれらの一部始終を紹介し、盗聴器を仕掛ける手口と被害に遭わないための心構えを解説。嵯峨祥平プロデューサーは「盗聴、盗撮、ストーカーの被害女性は、本当に恐ろしい思いをしています。スタジオでこれらの犯行の実態が紹介されると、出演者から大きな悲鳴が聞かれました。女性はもちろんですが、被害に遭わないための知識をぜひ家族で共有して役立てていただけると幸いです」と呼びかけている。

【関連記事】

訂正箇所を連絡