ライフスタイル

ベラ・ハディッド、"ほぼ裸"ドレスが本当に美しい。カンヌ映画祭で魅せる

2017年05月26日 20時59分 JST | 更新 2017年05月28日 01時11分 JST

すべての視線は、20歳のモデル、ベラ・ハディッドに奪われてしまった——。

ベラ・ハディッドは5月25日、カンヌ映画祭の間にアンティーブで開かれた第24回エイズ・ガラ映画祭に登場。ラルフ&ルッソがデザインしたといわれる、完全に透けた白のクチュールドレス姿を披露し、人々の視線を釘付けにした。

DAVID M BENETT VIA GETTY IMAGES

bella hadid cannes 2017

ANTHONY HARVEY VIA GETTY IMAGES

DAVE BENETT/AMFAR2017 VIA GETTY IMAGES

「僕たちは、自信の満ちた、力を与えられた女性たちに服を着せるんだ」と、デザイナーのマイケル・ルッソはピープル誌に語っている。

ラルフ&ルッソの公式Instagramによると、このドレスは数日間で製作されたという。30人の裁縫師が13種の素材を使ってガウンに刺繍したもので、見事な仕上がりだ。

ハディッドもInstagramで、素晴らしいドレスを手がけたチームに感謝を伝え、映画祭を楽しむ様子を投稿している。

🌸

Bella Hadidさん(@bellahadid)がシェアした投稿 -

ベラ・ハディッド、レッドカーペットの赤いドレスが美しい

cannes 2016 bella hadid

関連記事

カンヌ映画祭2017 レッドカーペット