元TBS支局長からのレイプ被害を女性が実名・顔出しで公表した意義 専門家はこう見る

投稿日: 更新:
WOMAN JAPAN DEPRESSED
(写真はイメージ)Unhealthy Asian Woman. The photo was taken at the Tokyo iStockalypse | Yuichiro Chino via Getty Images
印刷

元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏に酒を飲まされ乱暴されたとして準強姦容疑で被害届を出していた女性・詩織さん(28)が5月29日、東京地検の不起訴処分を不服として東京検察審査会に審査を申し立て、弁護士らと会見した

山口氏は同日、自身のFacebookで「不起訴という結論が出ました」「私は容疑者でも被疑者でもありません」などと反論している。

今国会には性犯罪を厳罰化する刑法の改正法案が提出されている。詩織さんの訴えはどのような意味を持つのか。性暴力防止のキャンペーンを行う「ちゃぶ台返し女子アクション」共同発起人の大澤祥子さんに聞いた。

知人からの被害を、実名・顔出しで公表

——詩織さんは、顔と名前を出して会見されました。どう感じましたか?

まず、詩織さんに対して本当にすごいと思いました。今の日本社会で、実名で被害があったと告白することは、とても勇気がいることだと思います。被害の声を上げた女性に対して、非難の声が上がり責められる風潮がある。そのなかでご自身の被害について話すという決断を心から応援したいと思います。

知人からの被害を、実名・顔出しで告白したというのも、かなり重要だと思います。実名で顔を出されている性暴力被害者は日本では少ないですが、家族からの性虐待や見知らぬ人からの被害を受けた方がほとんどです。“レイプは見知らぬ人に襲われるもの”という性暴力神話が横行しているなかで、地位関係性を利用して行われる性犯罪の実態に明るみに出していると思います。

——実名で発信することの影響は大きい。

まだまだ性犯罪の被害者に冷たい社会というのが現状で、「被害者ぶってる」というコメントを寄せられた被害者の話を聞いたことがあります。また、相手は権力のある著名な人だからこそ被害を信じてもらえない、というリスクもあります。そういうリスクを背負って会見されたからこそ、ここまで反響があったのかなと思います。すごい勇気と決断だと思います。

会見によれば、詩織さんは就職相談で相手と会ったそうですが、一緒にお酒を飲んだ彼女の行動を責めたり、彼女の容姿に触れたりするようなコメントもたくさん目にし、とても遺憾に思います。まずは、被害者に寄り添い、話を信じて受け止めるということが大切です。

——山口氏は不起訴処分となりましたが、「上の指示」で逮捕が見送られたという報道もありました。

もし何か圧力があったとしたら、不起訴処分になって一番傷ついているのは被害を受けた女性です。もしそうだとしたら、それはあってはいけないことだと思います。

性犯罪に関する法改正のポイント

——現在、性犯罪刑法改正キャンペーンをしていると伺っています。性犯罪の刑法改正について、今回の改正案のポイントを教えてください。

簡単にお話しすると、男性も強姦被害者になれること。今までは女性だけでした。強姦罪を「強制性交等罪」にあらため、男女ともに加害者・被害者になれます。今までは男性器を女性器に挿入することに限定されていましたが、例えば口や肛門に挿入しても罪になります。法定刑は、「懲役3年以上」から「懲役5年以上」に引き上げられます。※致死傷罪については「無期または懲役5年以上」から「無期または懲役6年以上」にする。

現行刑法では、強姦罪や強制わいせつ罪は親告罪であるため、被害届を出すだけではダメで、被害者自身が告訴しなくてはならず、被害者に大きな負担を強いています。非親告罪化されれば、被害者の告訴がなくても検察が起訴できるようになります。

親など監督者の場合は、(影響力に乗じて18歳未満に及んだ行為を)暴行や脅迫行為がなくても処罰できるようになります。※「監護者わいせつ罪」と「監護者性交等罪」を新設。

暴行や脅迫がなければ「同意した」とみなされる

——改正案について、何か補足はありますか?

私たちのキャンペーンでは、これだけでは不十分だと考えています。強姦罪には、抵抗が著しく困難になるほど暴行や脅迫があること、という暴行脅迫要件が含まれていて、そうでないと「同意していた」とみなされてしまいます。

でも実際には、地位関係性を利用して、暴行や脅迫がなくても性行為を強要したりすることがあります。被害者が恐怖でフリーズしてしまって抵抗できない状態になることは、精神医学的にも心理学的にも証明されている現象です。

——「同意」に課題がある。

内閣府の2015年の調査では、女性の6.5%が異性から無理やり性交された経験があると回答しています。そのうちの約75%が(加害者の)の顔を知っていたそうです。そのような関係性の中で起こる性暴力は、暴行や脅迫を伴わないことがあるため、結果として多くの性暴力が性犯罪として扱われずにいます。この課題は刑法が改正されても残ってしまいます。私たちは、他3団体と刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトを立ち上げ、そこが長期的には変わるように働きかけています。

【関連記事】
性犯罪に関わる刑法改正、今国会で成立させるべき3つの理由
japan woman depressed