shukanshincho

出版界において山ほどの創刊と休刊が繰り返される中、60周年を過ぎ、なお編み続けられる『週刊新潮』に感心するばかり。
大家さんは戦争番組をたくさんやる8月が好きで、「大切な人たちは戦争に取られたくない」と語っていたという
テレビ朝日の対応や財務省の調査手法を批判しました。
吉本興業は「本人は事実関係を否定しております」
「週刊新潮」は7月27日発売号で、自民党の今井絵理子参院議員(33)が同党の神戸市議会議員と「不倫関係」にあるとする記事を掲載した。
豊田氏が激怒したのは、政策秘書が運転していた際、最短経路より50mほど遠回りしたことが原因。秘書は、後部座席に座っていた豊田氏に蹴られたとも訴えている。
6月22日発売の「週刊新潮」が、自民党の豊田真由子衆院議員が「秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた」との記事を掲載した。
6月22日発売の週刊新潮が報じた、自民党の豊田真由子衆院議員が秘書に浴びせたとする発言に対して、早稲田大学の非公式サークルが抗議声明を出した。
今の日本社会で、実名で被害があったと告白することは、とても勇気がいることだと思います。
週刊文春と新潮の中吊り広告をめぐる問題で、バトルが過熱している。